WiFiと格安SIMカードの併用でスマートフォンの料金を節約しました。

スマートフォンの料金で最も気になるのが大手通信キャリアの通話放題の料金です。

2700円、1700円という2つの通話放題がありますがあくまでデータ通信のパックがセットというものになります。

だからこそ、端末代金がなくとも6000円程度、毎月支払うことになるわけです。

ここに、データ通信の追加パックを1GBあたり1000円支払うとなればもちろんさらに高くなります。

そこでどうやってこの毎月のランニングコストを下げるかというお話になります。

まずは思い切って、通信キャリアを格安スマホ会社に変える、もしくはSIMカードだけを契約してみるというやり方です。

自分自身が持っているスマートフォンがお気に入りでかつ、通話もしない、かつSIMフリーの端末というのであれば、最も安いのは格安スマホ会社のデータSIMを契約することです。

事務手数料だけでイニシャルコストもかからっずランニングコストはデータ通信代のみとなります。

また、通話についても従量課金で問題なければ、データSIMではなく通話SIMに変更すればいいだけです。

自身の所有しているスマートフォンがSIMフリーに対応していなければ格安スマホ会社と端末の購入もセットで購入となります。

それでも毎月のランニングコストを考えればすぐにもとはとれます。

また、大手通信キャリアの端末であれ、格安スマホ会社であれ、データ通信をたくさん使うような場合はとにかくWiFiスポットを有効に使う方法を模索してください。

今は無料のWiFiスポットがあらゆるところにあります。

大きなデータの送受信、アプリのダウンロードなどを行う際は通信会社のデータを使わず、基本的に無料WiFiスポットを活用することで節約することが可能になります。

必然的に毎月の利用料も減ってきます。

(兵庫県 tammnoさん)