スマホの契約キャリアの見直しで2年で5万以上も安くなりました。

多くの人が利用していると思われる携帯の3大キャリア。(Docomo、Softbank、au)

基本的には、これらのキャリアを使いながら、大幅なランニングコストを削減することは年々厳しくなっていると思います。

もし、日頃から外出先で動画を見たり、ずっとゲームで遊んだりするわけでもなければ、「MVNO」という業者に移行することでスマホのランニングコストを「万単位」で抑えることが出来るかもしれません。

MVNOというのは、言うなれば3大キャリアの回線を「間借りしている業者」と考えるとわかりやすいと思います。

現在あるのはDocomo系の回線と、au系の回線を使った業者になります。

回線の間借りになりますので、通信量などの制限は元のキャリアに比べると厳しいのですが、それでも月間で2GBで2千円程度で電話番号が今までのものがそのまま使えるというのは、魅力的ではないでしょうか。

基本的にMVNOを契約する際には「自宅などに高速インターネット回線(Wi-Fi環境」があることが望ましいです。

何かスマホにアプリ等を入れたくなった場合は基本的にWi-Fi環境を使い、高速かつお金をかけずに大容量データをダウンロードします。

そうすることで、外出先の通信料を削減することが出来、比較的低容量の制限があるMVNOでも、ほとんどストレスを感じない運用が可能になります。

デメリットとしては、端末の保証がありません。(イオンなど、端末を一緒に売っているところは除く)

この点はメーカー保証に頼るしかありません。

また、代替機もありません。

そういった保証サービス系は、端末自体のメーカー保証以外は受けられないと考えたほうが良いです。

しかし、私が計算したところ、新規にiPhoneなどを0円でMNPし、普通に2年間縛りで契約した場合と、MVNO契約とGoogle NexusなどのSIMフリー端末を単品で購入して合わせて使った場合、

2年間で6万円以上の差額が出ることがわかりました。

つまり、2年間無事に使えば、その差額でもう一台スマホが買えることになります。1年経ったら予備機を買い増すことは十分に可能です。

最初は色々と調べて、MVNOで出来る事と出来ないことを判断する必要はありますが、どうしても安くスマホを運用したい!と言う方には、MVNOは是非検討していただきたい契約形態だと思います。

(埼玉県 土岐島太一さん)