simスマホに変えて携帯代を節約しました。

携帯、スマホ代は平均各社7000円から8000円とされています。

あまり使っていない人でもこの金額が多いようです。

各社のかけ放題などのプラン活用したり、なるべく有料通話は控え、通話やメールは無料アプリを使ったりと節約している人が多いようですが、それでも維持費はかかります。

携帯代を数千円単位で安くしたい場合は、キャリアの携帯ではなくSIMスマホに変えるとかなりお得になります。

その代わりキャリアのアドレスが使えないため、SNSやパソコンからのメールアドレスからしか送受信出来なくなります。

それでも気にならない人は、SIMスマホにした方がメリットは大きいといえます。

例えば月7000円代の人がSIMスマホに変えると、最安で0を一桁減らせることも可能です。

プランにもよるので、各社のSIMスマホのプランに目を通してみましょう。

通信速度もそれほど変わりません。

ただ動画をたくさん閲覧する人は、容量は大きいプランに加入しましょう。

テキストサイトで十分という人は、容量が最小でも問題ないといえます。

携帯はなくてはならない必需品となっている現代人にとっては、やはりキャリアの月額料金は高いといえます。

政府でも見直しが懸念されているほど、海外に比べて日本の携帯の請求額は大きいようです。

いろいろな会社からSIMスマホは提供されているので、どのプランが自分に合ったプランなのかを選び、月々の携帯代をなるべく安くおさえましょう。

1年間で出来る貯金の額も、かなり変わってくるはずです。

(静岡県 おりょうさん)