通話料金、パケット代、端末料金を見直して携帯代を大幅に安くする

月々の携帯代を安くする方法を考えるに際し、そもそも携帯代とは何の金額かを明確にすることが、料金を安くする一番の方法にになってくるかと思います。

まず、携帯代と言われているものの内訳を考えます。

私が考えるにこれは3つの大きな料金項目からなっていると思います。

それは、通話料金、パケット代、端末料金です。

これら3つの料金項目を改善できれば、携帯代は大幅に安くなると考えます。

それでは、この3つの改善策を述べていきます。

一つ目は通話料金の改善です。

こちらはまずかけないことで節約が簡単にできますが、これでは携帯を持つ意味が無くなってしまいます。

ここで有効なのが、昨今様々な形で登場している無料の通話アプリです。

スカイプやラインなどが代表的な例になります。

これらのアプリは携帯のデータ通信を利用して、無料通話が可能です。

このようなアプリを駆使すれば月々の通話料金をゼロにすることも夢ではありません。

手っ取り早く携帯代を落とすにはこの方法が適切かもしれません。

次にパケット代です。

以前は通話料金が携帯代を占める主な料金項目でしたが、現在ではこのパケット代が一番携帯代の割合を占めているかと思います。

逆にいえばこのパケット代を節約することこそ一番携帯代を安くすることができるはずです。

このパケットは通信料によって料金を分けているかと思います。

一番節約できる方法としては通信料の少ない一番安いプランで契約をして、無料のWi-Fiスポットなどを活用することが挙げられます。

最近は街中でもこのWi-Fiスポットが増えてきており、パケットの節約も無理なくできるかと思います。

最後に端末自体の料金です。

これは最新のモデルにこだわりがなければ、1世代前のものを購入することなどで費用が抑えられるかと思います。

こちらは使う方が携帯に何をどこまで求めるかにもよると思いますので、適宜判断してみてください。

以上が私が考える携帯代を安くする方法です。

是非参考にしてみてください。

(東京 館林幸一さん)