大手キャリアよりMVNOの通話機能付きSIMの方が断然お得です。

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

スマートフォンは現代人に無くてはならない道具になりましたが、月々の支払いがガラケーに比較して高いため、悩んでいる人は多いようです。

どんなに安いプランで契約しても、3大キャリアで契約すると、7000円程度はかかってしまうスマートフォンですが、MVNOに乗り換えるだけで、月々1000円台で使用することが可能です。

MVNOとは、ドコモやAUなどの回線をプロバイダーが借り受ける形で提供されているデータ通信サービス網です。

簡単に言うと、ドコモやAUの通信クオリティはそのままに、月々の携帯代を驚くほど安くすることができるシステムです。

例えば、ここ数年で定番化した通話機能付きSIMの場合、多くのプロバイダーで提供されているのは1500円前後でデータ通信と通話機能が可能といったプランです。

近年LINEやその他のアプリなどの普及で通話機能はあまり使わないといった方は、3大キャリアで提供されている通話し放題のプランより、MVNOにしたほうが断然お得です。

MVNOの通話プランには無料通話はありませんが、アプリでできる通話なら無料ですし、楽天電話などを使用すれば、通話量は半額になります。

特にスマホのライトユーザーは、月々のデータ使用量も使い切れていない場合が多いようですので、2GBから3GB程度あれば十分足りると思います。

イメージでいうと、今の使用感をそのままに、月々の携帯料金が4分の1かそれ以下になるのが、MVNOです。

(茨城県 MORIさん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。




ガラケーに変更して携帯代を安くしました。

携帯代を安くする方法は、思い切ってガラケーに変更する方法をお勧めします。

スマホなどの通信料と比べるとガラケーの料金はもっと安くなりガラケーは、料金は大変安くなります。

もともとスマホにはパケット料金が入っておりこの料金が3社とも高いのです。

この分がガラケーなればないので節約となるわけです。

しかしどうしてもスマホを使いたい人もいるわけです、この場合は格安SIMを使うのがいいです、格安シムは大手の通信を借りていますので通信は3社にも負けないのです。

2台持っても今までのスマホ1代分よりも安く済みますのでお得な物です。

そしてスマホにした場合は、通話のないデータ通信にすることでかなりの料金に下げられます、今ではラインやスカイプなどの無料で会話できるのもあるのでこれで料金をまた下げることが出来ますのでお得です、通話のあるタイプでも今までのスマホよりは安いので節約となります。

携帯代はどれだけパケット料金を使わないようにすることで料金が下げられお年寄りなどが通話だけしかしないのであればガラケーに戻しておいておくとかすればいいのです。

携帯会社の進めるスマホへの変更は結果的に料金が高くついてしまいます。

今では中古のガラケーもリサイクル店などにありますので買っても高くなく本体を店へ持って行くだけで変更してもらえますので手数料だけで簡単に変更してもらえます。

通信料を考えるのはいい機械ではないかと思いますので携帯代を家族だとかなりの節約になります。

(福岡県、あっきーさん)




NifMo(ニフモ)はバリュープログラムがあって月々の料金が安くなります。

最近はいろいろな企業から格安simがでてきてます。

少し前までは日本通信やiijmioといった所だけでしたが、今はOCNやDMM等、またau系でもmineo等が出てきてどれを選べばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

私はもともとドコモのユーザでしたが、データ通信をiijmioにするようにしました。

その後最近nifmo(ニフモ)が登場して興味を持ったので少し使ってみることにしました。

ここではその中でなぜ私がNifMoを使っているかを書いていきます。

・NifMo バリュープログラムがある

これがNifMoの一番の特徴だと思います。

正直これ以外は他の企業と大差ないため、選択肢に入るかどうかというと微妙なところです。

ただこのNifMo バリュープログラムを利用すると月々の利用料が安くなります。

ネットで買い物をよくする方にはオススメのプログラムになっています。

・最低料金以外は少し高め

iijmioと比較すると2Gプランの料金は変わりませんが、容量が多いプランの料金は高めになっています。

そのため、大容量プランを選択したい場合は他のmvnoを利用したほうがよいでしょう。

ただ格安simを使いたい方は最低料金のプランを選ぶことが多いとおもいます。

大容量プランにしてしまうと結局大手と契約してるのと変わらなくなってしまいますからね。

・留守番電話が付いている

留守番電話のオプションがないmvnoもありますが、NifMoはしっかり付いています。

iijmioから乗り換えたのも留守番電話が結構大きかったなと思います。

>>ニフモの申込はこちら






他社への乗り換えに格安SIM、スマホ費用を抑えるためには有効な手段です。

スマホの料金て本当に高いですよね。

機種代も分割で支払ったりしていると1人辺りの月額が1万円を超える。

そんなこともあり得ます。

スマホの料金をなるべく抑えたい、そう思うなら一番簡単なのは乗り換えです。

現在使っている電話会社から違う電話会社へ移るために、使っていた電話会社のアドレスは使えなくなります。

ですが電話番号は変わらず使うことが出来ますし、LINEや電話会社から与えられたアドレスと違うモノを使っていれば影響はあまりありません。

そして、乗り換えを行う手間は思ったほどではありません。

現在使っている電話会社に連絡を取り、乗り換え番号を貰えば後は簡単です。

それを持って乗り換えたい電話会社のスマホを取り扱っているお店に行きます。

後は通常の新規契約を行う様に手続きをするだけです。

本体代の割引や月額の割引などが行われ、これだけで毎月数千円の節約が可能となります。

ただこの値引きは2年など期間限定なので定期的な乗り換えが必要になります。

さらに費用を抑えたいなら格安SIMへの乗り換えをオススメします。

以前なら月に出来る通信量が電話会社の提供しているサービスに比べて低かったりしたため使いにくいイメージがありましたが、現在はそれらの電話会社も月の通信量に応じて利用料を選択する様になっていますので大差はありません。

月に4ギガの通信が行え、音声通話が行えるモノでも2千円代で済む場合が置いので料金はかなり格安です。

ただ、大手の電話会社は電話は掛け放題となっている場合が多いのですが、格安SIMは通話料金は定額ではありません。

なので日頃から電話をよく掛ける方の場合、割安感はあまり無いかも知れません。

格安SIMを利用するにはSIMフリーのスマホが必要だったりもしますが、対応するスマホをセットで提供している会社も多くあります。

その場合でも月に2ギガ程度の通信が出来て、月額は3000円程度など電話会社との契約とは比べ物にならない低料金です。

他の電話会社への乗り換えや格安SIMの利用。

ちょっとした手間は必要ですが、スマホの料金を抑えるには有効な手段です。

(岡山 たまご三)




格安SIMと契約してスマホの料金を節約しています。

現在私がスマホにかけているお金は、本体の分割金も合わせて月々8千円から9千円です。

自分でも非常に高いと思っています。

そこで、このランニングコストをどうにかして節約出来ないか、ずっと考えていました。

まず、自分のスマホ使用の割り当てを算出します。

私の場合は、データ通信は月3GBもいかないのと、通話はほとんどしないという感じなのですが、データ通信を節約しようと、通信料を選択出来るコースに変更しようとすると、もれなく電話かけ放題コースがついてきます。

この電話かけ放題コースがネックで、これのおかげで基本使用料が3倍程度に跳ね上がります。

これでは折角データ通信量を選んで少なくし、データ通信の月額を減らしたところで、意味がありません。

今日本で有名で大きいキャリアでは、どこを選んでも基本同じような値段になります。

だったらいっそのこと、そのキャリアをやめてしまえばいいのではないかと考えました。

そこで活躍してくれるのが、格安SIMとSIMフリースマホです。

キャリアが扱うスマホを購入すると、最低でも6万円くらい取られてしまうので、携帯電話専用ショップをネットで探して、安いスマホを見つけました。

2万弱でSIMフリーです。

後は格安SIMですが、MNPを使用出来て、通話とデータ通信4GBついて、月々2千円ちょっとでいけるのです。

これでランニングコストが今までの四分の一程度になります。

今の形態事情だと、ほとんどの人が日本三大キャリアで契約していると思いますが、そこを離れる事を頭に置けば、安くする方法はいくらでもあります。

ポケットwifiを利用して、タブレットも併用するというやり方もありますし、キャリアから離れたくなければ、データ通信コースを見直すという手もあります。

私としては、キャリアを離れて、格安SIMと契約するのをおすすめします。

(愛知県・かずやさん)




格安SIMでスマホ料金を最小限に抑えています。

ガラケー時代に比べてスマートフォンの料金は確実に上がっています。

平均すると1万円前後といった方が多いのではないでしょうか。

できる事ならスマホ料金での出費は最小限に抑えたいですよね。

そこで今回オススメするのが「格安SIM」です。

格安SIMというのはBIGLOBEなどのインターネットプロバイダーが提供しているものもあれば、楽天や家電量販店のビックカメラなどが販売しているSIMカードです。

ビックカメラが提供している、BIC SIMを例に挙げると、最低900円~運用する事ができます。

ただし、プランによっては通話機能が制限されたり、インターネットなどの通信が3Gで制限されたりする事があります。

しかし、どの会社の格安SIMを使っても従来のSIMカードより高くつくという事はありません。

またモバイルwi-fiなどと組み合わせる事により、通信制限も気にする事なく、格安スマホを運用する事ができます(モバイルwi-fiは月2000円程度)

オークションサイトやリサイクルショップなどで、白ロムと呼ばれる、SIMカードの入ってない端末を購入するか、今現在使ってるスマホを使います。

ビックカメラなどは店頭でSIMカードの購入が出来ますが、基本的にネットでの契約になります。

白ロムと格安SIMを用意する事ができたら、キャリアショップや家電量販店などである程度設定はしてもらえます。

ここまでするのは面倒くさいといった方でも、パケ放題をやめて、モバイルwi-fiを一台契約するだけでも月3000円程度の節約もできますし、プランによっては速度制限も無くす事ができます。

(茨城県 o.kさん)