小学生でも安心して使えるスマホ ツタヤのTONEのスマホ m15について調べてみました。

小学生3年生の娘向けにツタヤのTONEのスマホ m15 を検討しています。

ツタヤのTONEスマホが安心して使える理由は


1、(スマホを持っている)子供の居場所が分かる。
2、ダウンロードするアプリが制限できる。
3、スマホの使用時間を制限できる。
4、有害なウェイブコンテンツを見せないように制限できる。

そのほかの特徴は


1、回線はdocomoの回線
2、通話料金が安い。1000円/月(データ)、1980円/月(通話機能付き)
  Lineを使うにはSNSオプション(100円/月が必要)
3、ポケモンGoができる

ツタヤのスマホのデメリットは


1、スマホと同時に購入する必要あり。(格安SIMだけ売っていません)
2、スマホ種類が少ない。m14とm15の2機種しかない。
3、通話速度は500~600kbps(実際の速度は800kbpsぐらい)
  メール、Line、Facebook、ウェブページの閲覧は問題なし。
  youtubeなどの動画は無理。
4、通話し放題などのプランなし。
  IP電話

そのほかの特徴は
1、回線はdocomoの回線

料金はデータのみで通話をしなければ、1000円ですが、別に本体料金がかかります。
親がToneを使用していない場合はオプション料金で月額200円かかります。




小学生にスマホは不要!お勧めの携帯はキッズケータイ

小学生にお勧めの携帯、それはずばり、”キッズケータイ”です。

今の小学生は、スマホがあまりに身近になり、スマホゲームのやり方なども、親のやり方を見て覚えていたりするので、スマホを異常なほどほしがります。

スマホを渡したら最後、もう二度とスマホのない生活には戻れません。

大人でも、”スマホ依存症”や、”スマホ中毒”と叫ばれる昨今、ましてや子供が”スマホ依存症”になることは安易に想像できます。

私も、自分が携帯からスマホにして驚きました。

スマホってニュースもゲームもあまりにも簡単に操作できて、一日見てても飽きない。

さらに、lineなどのチャット機能も余りに楽しい。

スタンプも充実してるし、夫との会話(?)なんて、今や直接話すより、lineの方が盛り上がるほど(苦笑)。

でも、だからこそ、小学生のうちからスマホを渡してしまうと、もう子供はスマホ中心の生活を送ってしまうのは間違いありません。

スマホは小さいから隠れて使うこともできてします。

時間を決めて親が取り上げていても、lineで連絡来てないかな・・なんていつでも気になってしまって、勉強にも身が入りません。

私の姪っ子がカギっ子で、それこそ3,4年生頃から、お古のスマホを家のwifi環境の中だけで使っていますが、小6になった今、もう立派にスマホ依存症になっています。

祖父母の家に行っても、もう1日中スマホとにらめっこです。

朝から友達とlineでやり取り、昼はゲームをしたりして、夜はスマホのミュージックを聞いて寝ています。

しかし、これだけスマホが生活に溶け込んでしまっていたら、どんなに大人が注意してももう無駄なのです。

絶対にスマホがない生活はもうできないのです。

どちらにしても、中学生以降は部活のやり取りや、友人関係も考慮してスマホを渡すことになるでしょう。

小学生のうちくらいは、スマホなしのキッズケータイで十分じゃないでしょうか?

(神奈川県 apple puddingさん)




小学生におすすめのスマホはiPhone

小学生におすすめのスマホはiPhoneです。

今や一番人気のスマホでなんでもできるiPhoneですが、逆手に取るとなんでもできる状態を制限することができます。

iPhoneには標準機能としてファミリー共有機能とペアレンタル機能というものがあります。

簡単にいうと親のiPhoneで子供のiPhoneを管理できるという機能です。

何かダウンロードをしてお金が必要になったり、アプリの中で課金する場合に親の端末に購入リクエストが送られます。

こうすることによって多額の請求を事前に防ぐことができるのです。

もちろんAndroidのスマホで子供用のスマホもありますが将来大人になってからのことを考えると大人でも使えるスマホを早めに持たせることは子供にとって良いことです。

今やパソコンがなくてもスマホを使い仕事をこなせる時代になっています。

Androidを否定するわけではありませんが、日本でのiPhoneのシェアとサービスの充実度合いは年々増してきています。

子供に早い段階からiPhoneを持たせこれからの社会に適応できるように育てていくのも教育の一つとして良いと考えられます。

またiPhoneには標準機能でiPhoneを探すという機能があり、今子供がどこにいるのかが瞬時にわかります。

学校帰りや塾に寄り道していないかなどすぐにわかります。

またiPhoneを紛失した場合にもこの機能を用いて見つけ出すことができます。

もちろんこんなに標準機能で素晴らしい機能があるiPhoneですが、iPhoneを与えただけでただ単にLINEやゲームばかりさせていても意味がありません。

教育の一つとしてiPhoneを持たせ、何か調べごとをさせたり、文章を作らせたり、簡単なアプリを作らせたら様々なことをさせることか一番重要であると考えています。

(奈良県 タッチさん)



小学生にお勧めのスマホ、携帯は低学年はマモリーノスリー、高学年はmiraie(ミライエ)

小学生1年〜3年までは、auのマモリーノスリーのようなタイプの携帯電話が良いと思います。

防犯ブザーが付いているので、小学校の登下校中に何かあった時に、使用できるので良いです。

防水になっているので、子供が水に濡らした時でも故障しにくいので良いです。

GPS機能もあるので、子供の居場所がいつでも確認できるので、安心です。

手動、自動で子供の居場所の確認メールを受信する事が出来るので、子供が道に迷って、何処にいるか説明できない時でも、居場所が分かるので便利です。

アプリ等が使用できないし、人に携帯から電話をかける事が出来ないので、いたずらをしないので、安心です。

小学生4年〜6年は、auの子供スマホのmiraie(ミライエ)のようなタイプのスマホが良いと思います。

miraie(ミライエ)

小学生4年位になると、友達とアプリのゲームをしたり、家族と電話で話をして連絡を取り合う事が多くなるので、子供携帯では、機能が足りないと思います。

小学生4年位になると、友達とゲームをして遊ぶ事が増えます。

無料のアプリも沢山あるので、お得に色んなゲームが楽しめるので、お勧めです。

スマホなら、中学生や高校生になっても使用できるので、買い換える必要も無いので、長く使用できてお得です。

デザインも色んな色があるので、お洒落です。

危険なサイトや知らない人からの電話やメールをブロックしたり出来るので良いです。

知らない間に有料アプリの取り過ぎを防ぐ為にアプリ制限機能が付いているので安心です。

通話時間制限も出来るので、電話の通話のし過ぎを防ぐ事が出来るので良いです。

スマホの利用時間制限も出来るので、宿題もせずに、ずっとスマホを触るような事も防げます。

色んな機能が付いてるタイプなら、子供にスマホを持たせても安心だと思います。

(大阪府 まこっちゃんさん)