格安SIMに変えて1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

注目

ソフトバンクで月々1万円弱のスマホ通信料金を支払っていましたが、格安SIMの楽天モバイルに乗り換えたことで月々1,600円に節約することができました。

>>こちらから格安SIMを買いました。



リーマンショックの時に会社をリストラにあい、給料が減ってしまいました。



子どもがこれから大学に進学するので、学費も掛かるので、スマホ代や携帯代に一人1万円弱も払うのはもったいないのでなんとか節約したいと思っていました。



沢山の格安SIM会社がありますが、値段はほとんど同じ(通話SIMで3Gならだいたい1600円)だったので、余ったデータ通信量が翌月に繰越可能なことと、月々の支払いで100円につき楽天スパーポイントが1ポイント貯まる楽天モバイルを選びました。



楽天モバイル




普段、ネットとメールを主に使用していて、動画やアプリダウンロード等はあまり行わないので、1,600円の3.1Gのプランで十分でした。



3日間の通信制限(3.1Gの場合540MB)がありますが、私の場合は特に意識しなくても制限にかかることはありません。



ただ念のため自宅ではワイファイで使用しています。



専用のアプリで常に使用状況をチェックすることもできるので便利です。



また楽天モバイルの専用サイトで、プランを毎月変更することもできるので、自分で予想を立てて気軽に変更できる点もよいかと思います。



通信状況については、ドコモの回線を使用しているので、不具合を感じることなく乗り換えができています。



通話料金は、別料金となるので注意が必要です。



通話はあまり使用しませんが、料金が半額扱いとなる楽天でんわや、アプリを所有している同士通話料無料となるLineやバイバーというアプリを使用することで、ソフトバンクの基本料金よりも抑えることができると思います。



支払いはクレジットカードのみになるので、もし、クレジットカードを持っていない方は年会費無料のクレジットカードを作ってみるといいと思います。



年回費無料の楽天カード




>>私は年会費無料の楽天カードを使っています。




現状では通信料が圧倒的に安くなり、また毎月楽天のポイントもたまるので、常々楽天を使用しているものとしてはとても満足しています。



以前スマホはiphone4Sを使っていました。



電池がだいぶ消耗していたので、安いスマホを買いました。



HUAWEIのG6を買いました。値段が2万円しなくて、使い勝手も悪くありません。



Iphone4Sと比べると一回り大きいのですが、軽くて、持ち運びは便利です。



格安スマホ



アンドロイドはどうかなと思っていました、慣れればアンドロイドも使いやすいなと思っています。



前にスマホは買取りサイトで買取りしてもらいました。



買取りの値段は3000円弱で安かったのですが、使わないスマホをもっていても邪魔になるので、買取りしてもらいました。



>>このサイトで買取りをしてもらいました。




もし、スマホの通話代が高いと困っている方はドコモ、AU、ソフトバンクから格安SIMに変えてみるといいと思います。


>>こちらのサイトから格安SIMを購入しました。












楽天モバイルに変えて、毎月のスマホ代を3000円以上減らしました。

楽天SIMの契約をして3か月になります。

もともと大手通信キャリアでiPhone6Plusを利用していました。

しかし、ほとんど通話を行わず、

データ通信利用も5G内、

あとのデータ通信はWIFI通信ということで、

毎月6000~7000円のスマホ代を支払うことが高いと感じていました。

そこで格安SIMの楽天モバイルを選んだわけです。

数ある格安スマホ会社の中から楽天モバイルを選んだのはインターネットサービスもろもろを楽天グループでお世話になっているからです。

さて、実際の契約ですが利用していたスマートフォンがSIMフリー対応の端末であったので通話SIMの新規契約だけですみました。

契約手数料とデータ通信5Gのプランです。

毎月、データ通信の利用に応じてプランを変更できるというメリットも非常にうれしかったです。

これだけで毎月の支払いもかなり減りました。

3000円以上のコストダウンですから非常に大きいです。

使用感ですが楽天モバイルのバックボーンがLTE/3Gということでエリア的には以前とまったく違和感もなく利用できています。

通信速度も時間によって遅くなるという感覚を持つこともありません。

大きなデータをダウンロードしたり、動画のストリーミングは以前からWIFIエリアで行っていたからかもしれません。

ようするにWEBブラウジングやメール程度なら楽天モバイルのSIMでも全く問題ないということになります。

コストメリットとサービスの品質を考えた場合、楽天モバイルの契約は非常にお得なものだと感じています。

もし、毎月のスマホ代が高いとお悩みの方は一度、楽天モバイルなどの格安SIMを検討してみたらいかがでしょうか?

(兵庫県 tammさん)

>>私は楽天モバイルをここから申込みました。









格安SIMと格安スマホを購入してスマホ代の節約をしています。

いろいろ検討し、ヤマダ電機で格安SIMと格安スマホを買うことにしました。

なぜ、通販で買わなかったかというと、お店で、スマホのセッティングやSIMのセッティングを行ってもらおうと思ったからです。

しかし、ヤマダ電機ではそんな対応はしてもらえませんでした。

そのようなセッティングは有料のサービスになります。

また、格安スマホが壊れた場合も、ヤマダ電機では対応してくれず、メーカーに直接連絡して、修理をしてもらうそうです。

これなら、ネットの通販で買っても同じだなとすこし、後悔しました。

家に帰って、SIMの取り付けや、SIMのアクチベーションをしたのですが、思ったよりは簡単でした。

ただし、わかりづらい点もあり、格安SIMに電話をして聞いたところもあります。

メカが苦手な方にはむずかしいかもしれません。

買ったスマホはHUAWEIのAscend G6の白です。

選んだポイントは

値段が安いこと、

大きさが大きくなくて、持ち運びやすいこと、

操作性がいいこと、

デザインがシンプルなことでした。

スマートフォンの費用の抑え方

スマートフォンは誰でも持っているようなアイテムになりました。

それたけモバイルインターネットが便利で身近な存在になったのも事実です。

しかし、悩みと言えばつきづきの料金が高いこと。

しかも、データ制限量の上限枠があって、それを超えると翌月まで通信スピードが極端に遅くなってしまうことも辛いところです。

費用を安く抑える方法がないものかと色々な方法や仕組みが出てきているのが最近の動きです。

まずは、格安SIM。

これはMVNOという会社が普通のスマートフォンよりも月々の費用を安くしSIMフリーのサービスを提供しているものです。

これだと月額2000円~3000円と言ったレベルで使うことができます。

中には1000円代という所もある程です。

しかし、データ上限枠がより抑えられていることが多いので、使い方の工夫が必要です。

代替としてWifiを使うということがテクニックです。

自宅では、インターネット回線を無線化してのWifi利用。

外でも地下鉄や駅、レストラン、喫茶店等でも公衆Wifiが設備されている所が増えているので、これを使うことにします。

有料の公衆Wifiでも月額数百円という点が魅力です。

あるプロバイダーでは、通信スピードが3Mbps程度で使い放題というサービスもあります。

月額がとても安く3000円で収まるのも選択肢の1つかもれません。

他にはWIMAXとの併用です。

スマートフォンのLTEをやめて、月額が安いWIMAXのモバイルルーターに繋いで使うという人も増えてきています。
こういった方法がいくつがあるのです。

より抑えたいという場合は、完全にWifiのみで使うという方法。

先程の自宅でも外の公衆Wifiだけで使うことに絞るだけで数百円で済ますこともできるはずです。

スマートフォンの費用を見直す時は、いくつかの節約パターンがありますので、自分の使い方に合わせた選択を検討することが必要です。

(神奈川県、トールマンさん)




常に流行に敏感でいる事がスマホ料金の節約に繋がります

今やスマホは時代の最先端の産物と言って良い程、忙しい現代人が流行に乗って生活するには必要不可欠なライフラインになりつつあります。

しかし最近スマホに乗り換えてから、やけに請求金額が多くなったとか、月額1万円の時もあると悩んでいる人が多いのも事実です。

もし徹底的な節約方法でスマホを利用したいなら、月額0円でも契約できる手段もありますが、その場合は必要最小限の通話とSMSのみに頼った非常に制約されたルールが付きます。

1つ良い方法としては、一度自宅に無線LANのWifiを設置してしまえば、スマホに繋ぐ事で各キャリアで定額料金範囲での通信制限が付く7GB以上のパケット通信が快適に使用できるようになります。

そしてスマホ初心者が是非節約して目指したい月額料金モデルは3,000円台という数字で、既に3000円台で通話とパケット定額両方を上手く使いこなしている人は多数います。

少しでも3000円台の理想形に近付くには、極力通話しなくても良い事柄はメールやLINE等を活用して連絡し合うほうが節約に貢献してくれますし、ネットサーフィンなどのデータ通信を行うならタブレットを利用するのも1つの手です。

これだけでもグッと利用料金を縮小させる事は出来ますが、どうしても日常で電話を利用する用事が多い方は、通話手段として(LINE電話・050plus)等の通話アプリをダウンロードして、今の通話料を約半分以下に抑える事が可能ですし、ドコモの「掛け放題プラン」も利用価値があります。

また些細な事ですが、スマホユーザ―の中には万一の盗難・水没などのトラブルで機種が利用できなくなった場合に備えて、有料の補償サービスに加入している人も多いでしょう。

今は、どの大手キャリアでもワンコイン価格で補償プランは加入できるようですが、大した修理歴が無いにも拘わらず長年支払い続けていると、相当な金額の出費にもなり得ます。

こういった水没事故などの各種トラブルが起きる確率は現状低いと見てもいいので、平均3万円程度の纏まった修理代を即金で支払える能力があるならば、何度も携帯を紛失してしまう性質のある人以外は最初から加入しないのも有りです。

このようにスマホ料金は、取扱い販売店の相談窓口やネットの口コミ情報など客観的な視点で情報を集めるだけでも、幾らでも節約方法は見付かるものなので、切実に節約を考えている人は常に情報のアンテナを張り巡らしてみる事をお勧めします。

(大阪府 ゆっこさん)