ソネットから月額がとってもお安いスマホが登場?!

とってもお得なスマホが発売されたと話題になっています。

そのスマホがソネットのスマホです。

このスマホ利用料金が格安です。

通話もネットもできるのに、なんと月額2480円という驚きの安さです。

この料金には、端末代金の分割分も含まれているので、端末代金の支払いが完了したあとは、月額料金がさらに安くなります。

今スマホの利用料金は、各社で平均してみて6000円~8000円くらいの月額利用料が発生している人が多いと思います。

それが2480円ですから、月々4000円くらいは浮いてくるわけです。

そうなると気になるのが、データ通信料のスピードですが、スピードもちょうど良い速さで対応しているというので、非常に魅力的です。

でも、それだと一体どこで安くしているのだろうと疑問に思うと思います。

SO-netのスマホは、極力シンプルに構成することで安さを実現していると紹介されていました。

月間のデータ容量は1,5GBで通信速度は150Mbpsです。他社との比較でも差がないことが分かります。

そして嬉しいのがセキュリティーサービスを無料で利用できるということです。

スマホで色々なデータのやり取りをする人には、セキュリティーはかなり重視する部分ですからこの無料サービスはありがたいです。

端末の大きさもちょうど良いと好評のようです。使いやすさと充実のサービスを提供してくれるスマホと言えます。

中には、容量が1,5では足りない!という人も、いるようですが、Wi-Fiを繋げて工夫するなどすれば、本当にお得に使うことができるようです。

詳しいことは公式サイトで確認してみてください。

(大阪府 みるくさん)






NifMo(ニフモ)でお得にデータ通信回線を使ってます

NifMo(ニフモ)でipadとL-09Cを使ってwi-fiを楽しんでいます。

いろんなMVMOの事業者があったので、契約先を悩んだのですがNifMo(ニフモ)にして正解でした。

まず、契約の決め手となったのは契約手数料の無料キャンペーンです。

6ヶ月間、契約すれば契約手数料が銀行口座にキャッシュバックされるという内容だったので、NifMo(ニフモ)と契約することにしました。

音声通話が付いていないタイプを契約しましたので、即解約しても解約手数料は不要ですし、もし使って気に入らなければいつでも気楽に解約できると思えたのも契約の決め手となりました。

NifMo(ニフモ)と契約したのは2GBのプランで、使ってみた感想としては動きもスムーズで快適で素晴らしいです。

NifMo(ニフモ)の2GBのプランは直近で400MBを超えると帯域制御されるので、過去の通信料を確認しながら使うのが良いと思います。

もし、通信料が月の途中で足りないと思った場合はデータのおかわりができるので便利ですし、契約の容量を超えても最大200kbpsの低速回線で通信できるので、その点は良いと思います。

最もNifMo(ニフモ)と契約して良かったと思う点は、NifMo(ニフモ)バリュープログラムです。

NifMo(ニフモ)バリュープログラムはAndroidのアプリとして提供されている割引アプリで、これを使う事によって毎月の基本料金から代金を割り引いてくれます。

NifMo(ニフモ)バリュープログラムはiOSのアプリでは提供されていないので、利用したい場合は必ずAndroidの機器が必要となります。

例えば、指定のアプリをダウンロードして起動させるだけで数円から100円程度の割引となります。

週に何度か割引対象のプログラムが更新されるので、NifMo(ニフモ)バリュープログラムをうまく使いこなせれば毎月の基本料金が無料となることもあります。

安いのに割引も付いているNifMo(ニフモ)は、とてもお得な通信回線で感謝して使っています。

(京都府 ケンジさん)






スマホの通信量を確認して、格安SIMを上手に使いましょう

スマホの維持費って結構高いですよね。

家族4人でスマホを持っていて全部で3万円くらいかかる、そんな家庭も珍しくはありません。

でも、スマホの維持費はちょっとしたことで大きく下げることが可能です。

まずみなさんの1ヶ月のスマホでの通信量はどれくらいでしょうか?

これはスマホの設定項目の中にあるデータ使用量などの項目を見ることでわかります。

この使用量が2ギガや3ギガ程度である方がほとんどなのですが、この様な方の場合は格安SIMと言われる低価格の月額で使用出来るSIMカードを使うことで月額料金がグッと抑えられます。

ただ、これを利用するには条件があります。

それはお手持ちのスマホがSIMフリーのものであるか、docomoのスマホであるかです。

auのスマホでも出来なくはありませんが、対応しているSIMを提供している会社がとても限られます。

この格安SIM、安いものですと月額が1000円を切ってきます。

ですが、値段だけで飛びつくのはちょっと待ってください。

通常の携帯会社との契約ですと毎月どれだけ通信しているか気にする必要がないのですが、格安SIMの場合は月の通信量に制限があるのです。

安いものですと1ギガ程度である場合が多いです。

値段と許される通信量は比例して行きますので、ご自身の利用量より少し余裕があるカードを選ぶことをオススメします。

3ギガ程度までであれば、電話会社と契約するよりもずっと安いはずです。

注意点はもうひとつあります。

カードによっては音声通話が出来ないことです。

この場合は音声通話可能なカードを選ぶか、LINEなどを使って通話したり楽天でんわなどの音声通話アプリを利用すれば電話をかけることが可能になります。

ただ中には緊急電話がかけれなかったりとデメリットがある場合があるので注意が必要です。

自宅ではwi-fiを使うなどすれば通信量はさらに下がります。

格安SIMと合わせて上手く運用して、高くつくスマホの維持費をグッとさげてください。

家族4人で1万円、それも不可能ではありません。

(兵庫県 なおかずさん)




格安SIMのスマホを活用しよう!

数年前まで今で言うガラケーが全盛期を迎えていましたが、今ではほとんどその姿を見かけなくなってしまいました。

代わりに何がと言えば、もう皆さんご存じのスマートフォン、もう日本はスマートフォン天国と化したのです。

さて、このスマートフォンですが、まるでパソコンの様に使える一方、その通信量も今までのガラケー以上の物があります。

その為、各通信キャリアが提供するパケット定額制を利用していないと毎月の携帯料金がとんでもない金額になってしまいます。

なので、このパケット定額制は消費者にとって恩恵のある制度であると言えるかと思います。

しかし、この制度は毎月4千円~5千円程度もかかり、その為、これがある為に毎月のスマートフォンの料金が跳ね上がってしまうのです。

さて、この状況を解決しようとすればどの様にすれば良いのでしょうか。

いや、そんな解決方法があるのでしょうか。

ご安心ください、実はきちんとあります。

巷には格安SIMと言う、携帯キャリアの通信ネットワークをまた貸しする事によって成り立っている携帯サービスがあるのですが、これは格安の名前に恥じる事のない安価なサービスです。

もちろん、値段が安いだけあってその分、使い勝手が悪かったりしますが、しかし、携帯キャリアが提供する快適かつ豊富なサービスを十二分に活用している方ばかりではありません。

格安SIMの制限のあるサービスでも、今まで通りの使い方が出来ると言う方だって沢山居られるのです。
もしかしたら、これをお読みのあなたもその一人なのかも知れませんね。

実は、私自身も今自分が契約している携帯キャリアのサイトで自分のスマートフォンの使用状況を確認した所、格安SIMでも十分だと言う事を確認しました。

なので、現在格安SIMへの乗り換えを検討中です。

(兵庫県 おはぎさん)




スマホ料金の見直し

毎月支払っているスマホ代、少しでも安くなればいいなぁと思いませんか?

スマホの金額が高いのには、いくつか原因があります。

端末の分割代が含まれている、各種オプションやサービスに加入している、長電話をして通話料金が高い…など。

そして「パケット定額サービスの金額が高い」場合も多いです。

このパケット定額サービスが高い場合ですが、これはそれぞれ皆さんがどの程度パケットを利用しているかによって変わります。

動画を沢山みて、通信制限がかかり追加オプション代を支払っている場合や、そんなに使っていないけれど、契約は標準の5GBや大容量の8GBになっている、などです。

また、残ったパケットを翌月に繰り越し出来るプランの場合、翌月はかなり余裕があり、余ったような状況になります。

繰り越ししそうであれば、月末までにプランを変更しておけば1500~2000円も安くなる可能性があります。
ガラケー時代の基本料金に含まれる無料通話分と同じ考えで、上手にプラン変更をして節約する事が出来ます。

それぞれ、契約条件でそのパケットプランでないと端末の割引が適用にならない、などの制約がある可能性もありますので、プランを変更する場合はショップで契約内容を確認してもらいましょう。

また、自宅やよく利用するカフェなどにWi-Fi環境がある方はパケットの容量を節約する事が出来ます。

皆さんアプリってどのくらいの数を入れていますか?

アプリは常時更新され、そのアップデートを行う時はかなり容量を使います。

アプリの数が多ければ多いほど、アップデートする回数が多くなるのです。

そのアップデートの設定を「Wi-Fiに接続している時のみ更新」にするだけでも、容量の節約になりますよ。

Wi-F接続は最初に設定しておけば後はポン、とボタン一つで繋がりますから、手間が無いですよ。

実際、「支払い額は高いけどスマホは便利でもうガラケーには戻れない!」と感じる方が多いでしょう。

少しの事で節約できるポイントがありますので、実践してみてはいかがでしょうか。

(広島県 あーちゃんさん)




auスマートバリューでスマホ定額料金を節約しています。

私が使用しているauスマートバリューでのスマホ定額料金の節約方法です。

このスマートバリューは、対象会社のインターネット契約と、ひかり電話契約をしていることでauのスマホ定額料金が割引されるというものです。

今のご時世、インターネットの契約はあるが、固定電話はケータイ電話があるから必要ないと言ってつけている方もいるかもしれません。

しかし、この光電話は私が何件か調べたものだと、月額500円弱です。

また、固定電話も粗末なものでいいのであれば、2000円程度で手に入ります。

この二つの料金は、1年間では月額約700円、2年間だと月額約600円程度かかる計算になります。

auスマートバリューは契約プランなどで割引額が異なりますが、光電話をつないだ経費<auスマートバリュー割引額となりますので、固定電話を使わなくても、とりあえず繋いでおくだけでもスマホ代がお得になります。

固定電話は1世帯に1台なので、1世帯にスマホ利用者が複数名いると更にお得です。

ちなみに、固定電話を買わなくても光電話の契約だけしたらもっと安くなるんじゃないか、と思う方もいるかもしれません。

これは友人に聞いた話ですが、契約のみで電話を繋いでおらず利用していないのがばれると光電話の契約から外れるそうです。

友人がプロバイダーの方に聞いた話だそうですが、確かかどうかは分かりません。

この話が正しいにしろ誤ってるにしろ、ネットで安いもので2000円で買えますし、一度購入してしまえば機種代はかからないので購入しておいた方がいいと思います。

誰にも電話番号を教えていませんが、何度かワンコールのようなものがかかってきたので、接続されているかの確認だったかもしれません。

インターネットを持っているが光電話は契約していない方で、auスマートバリュー適用会社の方は是非とも加入をお勧めします。

(長崎県 clockさん)