スマホの契約キャリアの見直しで2年で5万以上も安くなりました。

多くの人が利用していると思われる携帯の3大キャリア。(Docomo、Softbank、au)

基本的には、これらのキャリアを使いながら、大幅なランニングコストを削減することは年々厳しくなっていると思います。

もし、日頃から外出先で動画を見たり、ずっとゲームで遊んだりするわけでもなければ、「MVNO」という業者に移行することでスマホのランニングコストを「万単位」で抑えることが出来るかもしれません。

MVNOというのは、言うなれば3大キャリアの回線を「間借りしている業者」と考えるとわかりやすいと思います。

現在あるのはDocomo系の回線と、au系の回線を使った業者になります。

回線の間借りになりますので、通信量などの制限は元のキャリアに比べると厳しいのですが、それでも月間で2GBで2千円程度で電話番号が今までのものがそのまま使えるというのは、魅力的ではないでしょうか。

基本的にMVNOを契約する際には「自宅などに高速インターネット回線(Wi-Fi環境」があることが望ましいです。

何かスマホにアプリ等を入れたくなった場合は基本的にWi-Fi環境を使い、高速かつお金をかけずに大容量データをダウンロードします。

そうすることで、外出先の通信料を削減することが出来、比較的低容量の制限があるMVNOでも、ほとんどストレスを感じない運用が可能になります。

デメリットとしては、端末の保証がありません。(イオンなど、端末を一緒に売っているところは除く)

この点はメーカー保証に頼るしかありません。

また、代替機もありません。

そういった保証サービス系は、端末自体のメーカー保証以外は受けられないと考えたほうが良いです。

しかし、私が計算したところ、新規にiPhoneなどを0円でMNPし、普通に2年間縛りで契約した場合と、MVNO契約とGoogle NexusなどのSIMフリー端末を単品で購入して合わせて使った場合、

2年間で6万円以上の差額が出ることがわかりました。

つまり、2年間無事に使えば、その差額でもう一台スマホが買えることになります。1年経ったら予備機を買い増すことは十分に可能です。

最初は色々と調べて、MVNOで出来る事と出来ないことを判断する必要はありますが、どうしても安くスマホを運用したい!と言う方には、MVNOは是非検討していただきたい契約形態だと思います。

(埼玉県 土岐島太一さん)




格安SIMと格安スマホを購入してスマホ代の節約をしています。

いろいろ検討し、ヤマダ電機で格安SIMと格安スマホを買うことにしました。

なぜ、通販で買わなかったかというと、お店で、スマホのセッティングやSIMのセッティングを行ってもらおうと思ったからです。

しかし、ヤマダ電機ではそんな対応はしてもらえませんでした。

そのようなセッティングは有料のサービスになります。

また、格安スマホが壊れた場合も、ヤマダ電機では対応してくれず、メーカーに直接連絡して、修理をしてもらうそうです。

これなら、ネットの通販で買っても同じだなとすこし、後悔しました。

家に帰って、SIMの取り付けや、SIMのアクチベーションをしたのですが、思ったよりは簡単でした。

ただし、わかりづらい点もあり、格安SIMに電話をして聞いたところもあります。

メカが苦手な方にはむずかしいかもしれません。

買ったスマホはHUAWEIのAscend G6の白です。

選んだポイントは

値段が安いこと、

大きさが大きくなくて、持ち運びやすいこと、

操作性がいいこと、

デザインがシンプルなことでした。

スマートフォンの費用の抑え方

スマートフォンは誰でも持っているようなアイテムになりました。

それたけモバイルインターネットが便利で身近な存在になったのも事実です。

しかし、悩みと言えばつきづきの料金が高いこと。

しかも、データ制限量の上限枠があって、それを超えると翌月まで通信スピードが極端に遅くなってしまうことも辛いところです。

費用を安く抑える方法がないものかと色々な方法や仕組みが出てきているのが最近の動きです。

まずは、格安SIM。

これはMVNOという会社が普通のスマートフォンよりも月々の費用を安くしSIMフリーのサービスを提供しているものです。

これだと月額2000円~3000円と言ったレベルで使うことができます。

中には1000円代という所もある程です。

しかし、データ上限枠がより抑えられていることが多いので、使い方の工夫が必要です。

代替としてWifiを使うということがテクニックです。

自宅では、インターネット回線を無線化してのWifi利用。

外でも地下鉄や駅、レストラン、喫茶店等でも公衆Wifiが設備されている所が増えているので、これを使うことにします。

有料の公衆Wifiでも月額数百円という点が魅力です。

あるプロバイダーでは、通信スピードが3Mbps程度で使い放題というサービスもあります。

月額がとても安く3000円で収まるのも選択肢の1つかもれません。

他にはWIMAXとの併用です。

スマートフォンのLTEをやめて、月額が安いWIMAXのモバイルルーターに繋いで使うという人も増えてきています。
こういった方法がいくつがあるのです。

より抑えたいという場合は、完全にWifiのみで使うという方法。

先程の自宅でも外の公衆Wifiだけで使うことに絞るだけで数百円で済ますこともできるはずです。

スマートフォンの費用を見直す時は、いくつかの節約パターンがありますので、自分の使い方に合わせた選択を検討することが必要です。

(神奈川県、トールマンさん)




常に流行に敏感でいる事がスマホ料金の節約に繋がります

今やスマホは時代の最先端の産物と言って良い程、忙しい現代人が流行に乗って生活するには必要不可欠なライフラインになりつつあります。

しかし最近スマホに乗り換えてから、やけに請求金額が多くなったとか、月額1万円の時もあると悩んでいる人が多いのも事実です。

もし徹底的な節約方法でスマホを利用したいなら、月額0円でも契約できる手段もありますが、その場合は必要最小限の通話とSMSのみに頼った非常に制約されたルールが付きます。

1つ良い方法としては、一度自宅に無線LANのWifiを設置してしまえば、スマホに繋ぐ事で各キャリアで定額料金範囲での通信制限が付く7GB以上のパケット通信が快適に使用できるようになります。

そしてスマホ初心者が是非節約して目指したい月額料金モデルは3,000円台という数字で、既に3000円台で通話とパケット定額両方を上手く使いこなしている人は多数います。

少しでも3000円台の理想形に近付くには、極力通話しなくても良い事柄はメールやLINE等を活用して連絡し合うほうが節約に貢献してくれますし、ネットサーフィンなどのデータ通信を行うならタブレットを利用するのも1つの手です。

これだけでもグッと利用料金を縮小させる事は出来ますが、どうしても日常で電話を利用する用事が多い方は、通話手段として(LINE電話・050plus)等の通話アプリをダウンロードして、今の通話料を約半分以下に抑える事が可能ですし、ドコモの「掛け放題プラン」も利用価値があります。

また些細な事ですが、スマホユーザ―の中には万一の盗難・水没などのトラブルで機種が利用できなくなった場合に備えて、有料の補償サービスに加入している人も多いでしょう。

今は、どの大手キャリアでもワンコイン価格で補償プランは加入できるようですが、大した修理歴が無いにも拘わらず長年支払い続けていると、相当な金額の出費にもなり得ます。

こういった水没事故などの各種トラブルが起きる確率は現状低いと見てもいいので、平均3万円程度の纏まった修理代を即金で支払える能力があるならば、何度も携帯を紛失してしまう性質のある人以外は最初から加入しないのも有りです。

このようにスマホ料金は、取扱い販売店の相談窓口やネットの口コミ情報など客観的な視点で情報を集めるだけでも、幾らでも節約方法は見付かるものなので、切実に節約を考えている人は常に情報のアンテナを張り巡らしてみる事をお勧めします。

(大阪府 ゆっこさん)




キャリアを変えてスマホ代を節約しています。

スマホは今や生活には欠かせない道具の一つとなりました。

スマホ料金を節約したいのは誰でも同じです。

僕もそう思って調べたことがありました。

結果として大手キャリア3社どこでも利用料金に大差はありませんでした。

となると機種です。

機種は圧倒的にIPHONEが安いです。

しかもひとつ前の機種、いまならIPHONE5Sにしたら安いです。

機種は1つ前でもスペック的に十分です。

僕はそれを選択して、キャリアを変える選択を選びました。

2年ごとに変えるつもりなら安いです。

解約料金を踏まえてもペイしますし、半年分くらい無料になります。

機種代もかからず、負債として残る事もないです。

電話だけのひとならスマホはやめてガラケーとIPADって選択肢もあるんですけどね。

通信料は最も安いプランにしてます。

街中だとフリーのWIFIがあるので、通信には困りません。

重要なやりとりなら家のネットでするし、よほど緊急でネットバンクを使う時は、普通に通信すればよいと思うとベースは下げられます。アプリはあまり入れないというのも節約につながります。

大半のアプリは無料でありついついDLしがちですが本当に必要なアプリはほとんどありません。

現在大手3社が独占的に市場を占めている以上、大きな節約にはつなげるのは難しいですが、ベースを見直すことで、出費を抑える事が出来、結果的に利用料金をわずかですが下げる事が、積もり積もって大きな差になると思います。

最新で快適なモバイルライフを必要としない、ほとほどっていうのがキーだと思います。

あとは3月は狙い目です。

キャンペーンが一番強く押し出されて、僕は結局IPHONE5Sに4Sから変えて、その時6が出るうわさはあったのですが、結果としてNMPして、キャッシュバックを受けて、前の会社の解約料や事務手数料を引いても、十分に余ったのですが、5月にはそんなキャンペーンはなくなってしまったのを覚えています。

現在はソフトバンクですが、また変える気です。

ポイントはすべてTポイントにしてます。

わずかなポイントですが、それも2年後には不要になるなら、汎用性の高いポイントにしてます。

また、安全、安心の保障には入りません。

月500円ですが2年で12000円。

万一紛失したり壊したら解約すればいいと思えば、その料金は不要だと思います。

大きな目線で見たら、節約は出来ると思います。

(青森県青森市  森の夜さん)




格安スマホ会社へのMNPをして通話代を節約しています。

スマートフォンの料金見直しにはいくつか方法があります。

キャリアを変えないのであれば、プランの見直しです。

今の大手キャリアのプランであればデータ通信の利用上限でプランが変わってきます。

自身のデータ利用を調べて、一つでも少ないプランに変更しましょう。

そして、その減らした分は自宅のWiFiだけではなく駅や公共施設、飲食店の無料WiFiを利用することで賄う習慣を付ければ毎月の利用料金はコストダウンできます。

音声通話についても通話放題をプランにしている方は毎月の通話時間を計算して通話放題から従量課金に変更してみればコストダウンを図ることができます。

次にご自身の利用しているスマートフォンがSIMフリー対応である場合です。

これは抜本的にコストを改善できる可能性があります。それは格安スマホ会社へのMNPです。

一番大きな違いは通話放題がベースの大手通信キャリアとは違い、データ通信利用がベースになっている点です。

このデータ通信の利用上限も3GB、5GB、7GBと細かく分かれていますので自身のデータ利用を踏まえて検討してみてはいかがでしょうか。

仮にデータ通信だけの契約でいいのであれば、SIMカードとデータ通信の契約だけになるのでイニシャルのコストもかなり抑えることが可能です。

端末の購入代金がかかってこないからです。

現状のキャリアを継続しながらのコストダウンと現状の端末を継続して格安スマホ会社を利用してのコストダウンの両面をご紹介しました。

(兵庫県 timtamさん)




自宅のwi-fi利用でネット代節約

私のスマホ料金節約術は、家でのインターネットはwi-fi接続にしています。

現在のスマホ料金は使用データ量に応じてプランを選択する形になっていますが、私は一番データ量が低いものにしています。

家でスマホを使うときにはwi-fiを利用することでデータ量は抑えることができるからです。

wi-fi回線を使用した分のデータ量は料金プランにある使用データ量には含まれません。

ですので、残りは外で使用する分になります。

私の場合は外での使用は常時行っているスマホゲームですが、だいたい移動中、たまに空き時間に操作する程度ですが、最低料金で問題なく済んでいます。

このデータ量が超えると回線がものすごく遅くなりますので、自分の使用量に合ったものを選択されるとよいかと思います。この方法は家でインターネットでwi-fiを利用できる方に限定されますが、もし、現在プランが高いのではないか、という方は、一度自分のwi-fi利用以外のデータ使用量を計算してみるといいと思います。

私が使用しているのはauですが、auのページでは一日一日の使用量が見ることができます。

何日間か調べたら、自分がどのくらい利用しているかも把握できると思います。

最近では、カフェや空港、観光地で無料wi-fiがありますので、スマホをwi-fiを使用して使うことを意識的に行えば、通信量の削減もできます。

これは自宅でインターネットをつないでない方でも利用できる方法です。

スマホの使用頻度は減らしたくないけれど、wi-fiでのデータ使用量は削減することはできるので、やってない方はやってみてください。

(長崎県 swallowtailさん)




LINE電話を使って通話代を5000円ほど節約しています。

自分が行っている携帯の節約方法ですが主に二つの方法を行っております。

そしてもう一つの方法をいつかは行うつもりです。

それを紹介させていただきます。

どれも月並みな方法ですが、一つ目は通話です。

LINEがアプリとして登場してからは通話は必ずLINE電話を活用しております。

声が聞き取りにくい、ノイズが入ってしまうといろいろネットでは不満の声も上がってはおりますが、ですが会社の通話を使用するよりはぜんぜんマシです。

これによって自分の携帯代は5000円ほど節約を行うことができたのです。

そして二つ目の方法ですが、極論をいえばしなければいいという話もなると思いますが、アプリなどを使用する時は全て無料インストールが可能なアプリを活用することです。

現在ではパズドラやモンストなど娯楽のアプリが無料でできる時代です。

そして今度はウィルスバスターやバッテリー節約なども無料でアプリを当たり前のようにインストールができます。

そのクォリテイーは有料アプリよりも高いこともあるのです。

ですので、有料アプリは絶対にインストールをしないことです。

これが現在自分が行っている節約方法です。

これで普段は17000円ほどですが、これによって9000円までに節約ができました。

そして今から実践をしようとしているのは格安スマホです。

初期費用は約5000円、月々の基本料金は約3000円です。

つまりこれによって9000円の携帯代を5000円~6000円にまで抑えることができるのです。

これが自分の節約方法です。

(大阪府 くろちさん)