スマホ代月額440円 激安でスマホを持つ方法

月額440円でスマホを持つ方法があります。



しがし、激安がゆえにデメリットはもちろんあります。



先に申しておきますが、通信速度が遅いことです。



通信速度が200Kbpsしかありません。



それでも良いと言う方に440円でスマホを持つ方法を伝授します。



まず、simフリーの端末を利用します。



simフリーの白ロム端末であれば、中古ショップなどで、2.3万円もあれば購入可能です。



個人的にはdocomoのsimフリー端末をおススメします。



次に、月額440円にする最大の理由。



プロバイダ選びです。



DMMモバイルのライトプランこれが月額440円の一番安い激安プロバイダです。



※初期費用として3150円かかります。



月額440円にも関わらず、定額使い放題のプランです。



ただ、激安がゆえの最大のデメリット200kbpsの通信速度です。



その上、3日間の通話量が366MBを越えた場合はさらに低速になるそうです。



(数値は公開していないそうです。)



プロバイダ契約だけで、電話はどうするの?



といった疑問をもった方がいらっしゃると思います。



今回のプロバイダ契約とは、MVNOサービスというもので、音声通話がスマホの電話SIM以外では使えません。



電話が使えないと意味がない。



という方もいらっしゃると思います。



もちろん、音声通話は可能です。



方法としては、Skypeを使う他にIP電話サービスを利用するといった方法があります。



IP電話サービスってなに?と思われると思うので、説明します。



データ通信用の回線を使って音声通話するといった方法です。



スマホのIP電話サービスにはIP-PHONE SMARTと050plusといったものがあります。



一度、耳にされたことはあるのではないでしょうか。



IP-Phone SMARTは月額無料で、提携のプロバイダは無料、国内固定・形態は30秒一律8.4円です。



こちらは、携帯にしかかけない人であればおすすめです。



逆に、固定電話のみにかける方へは050Plusをおススメします。



050Plusは月額315円かかるものの、固定電話へは3分8.4円とものすごい安さで使用出来ます。



電話代も含めて考えて選べば、かなりやすくスマホをもてるのではないでしょうか。

(大阪府  アトムさん)



とにかく一番安いのがほしい方はこれ。
↓↓↓↓↓↓