スマホの契約キャリアの見直しで2年で5万以上も安くなりました。

多くの人が利用していると思われる携帯の3大キャリア。(Docomo、Softbank、au)

基本的には、これらのキャリアを使いながら、大幅なランニングコストを削減することは年々厳しくなっていると思います。

もし、日頃から外出先で動画を見たり、ずっとゲームで遊んだりするわけでもなければ、「MVNO」という業者に移行することでスマホのランニングコストを「万単位」で抑えることが出来るかもしれません。

MVNOというのは、言うなれば3大キャリアの回線を「間借りしている業者」と考えるとわかりやすいと思います。

現在あるのはDocomo系の回線と、au系の回線を使った業者になります。

回線の間借りになりますので、通信量などの制限は元のキャリアに比べると厳しいのですが、それでも月間で2GBで2千円程度で電話番号が今までのものがそのまま使えるというのは、魅力的ではないでしょうか。

基本的にMVNOを契約する際には「自宅などに高速インターネット回線(Wi-Fi環境」があることが望ましいです。

何かスマホにアプリ等を入れたくなった場合は基本的にWi-Fi環境を使い、高速かつお金をかけずに大容量データをダウンロードします。

そうすることで、外出先の通信料を削減することが出来、比較的低容量の制限があるMVNOでも、ほとんどストレスを感じない運用が可能になります。

デメリットとしては、端末の保証がありません。(イオンなど、端末を一緒に売っているところは除く)

この点はメーカー保証に頼るしかありません。

また、代替機もありません。

そういった保証サービス系は、端末自体のメーカー保証以外は受けられないと考えたほうが良いです。

しかし、私が計算したところ、新規にiPhoneなどを0円でMNPし、普通に2年間縛りで契約した場合と、MVNO契約とGoogle NexusなどのSIMフリー端末を単品で購入して合わせて使った場合、

2年間で6万円以上の差額が出ることがわかりました。

つまり、2年間無事に使えば、その差額でもう一台スマホが買えることになります。1年経ったら予備機を買い増すことは十分に可能です。

最初は色々と調べて、MVNOで出来る事と出来ないことを判断する必要はありますが、どうしても安くスマホを運用したい!と言う方には、MVNOは是非検討していただきたい契約形態だと思います。

(埼玉県 土岐島太一さん)




格安SIMのスマホを活用しよう!

数年前まで今で言うガラケーが全盛期を迎えていましたが、今ではほとんどその姿を見かけなくなってしまいました。

代わりに何がと言えば、もう皆さんご存じのスマートフォン、もう日本はスマートフォン天国と化したのです。

さて、このスマートフォンですが、まるでパソコンの様に使える一方、その通信量も今までのガラケー以上の物があります。

その為、各通信キャリアが提供するパケット定額制を利用していないと毎月の携帯料金がとんでもない金額になってしまいます。

なので、このパケット定額制は消費者にとって恩恵のある制度であると言えるかと思います。

しかし、この制度は毎月4千円~5千円程度もかかり、その為、これがある為に毎月のスマートフォンの料金が跳ね上がってしまうのです。

さて、この状況を解決しようとすればどの様にすれば良いのでしょうか。

いや、そんな解決方法があるのでしょうか。

ご安心ください、実はきちんとあります。

巷には格安SIMと言う、携帯キャリアの通信ネットワークをまた貸しする事によって成り立っている携帯サービスがあるのですが、これは格安の名前に恥じる事のない安価なサービスです。

もちろん、値段が安いだけあってその分、使い勝手が悪かったりしますが、しかし、携帯キャリアが提供する快適かつ豊富なサービスを十二分に活用している方ばかりではありません。

格安SIMの制限のあるサービスでも、今まで通りの使い方が出来ると言う方だって沢山居られるのです。
もしかしたら、これをお読みのあなたもその一人なのかも知れませんね。

実は、私自身も今自分が契約している携帯キャリアのサイトで自分のスマートフォンの使用状況を確認した所、格安SIMでも十分だと言う事を確認しました。

なので、現在格安SIMへの乗り換えを検討中です。

(兵庫県 おはぎさん)




SIMフリー端末でスマホ料金を見直そう

スマホの料金が高い、できればもっと安くスマホを使いたいと考えるなら、覚えておきたいキーワードがあります。

そのキーワードとは、SIMフリー端末とMVNOです。

まず、SIMフリー端末についてご説明しましょう。

SIMフリー端末とは、キャリアに関係なくSIMカードを差し込んで使用出来る端末のことです。

SIMフリー端末さえ手に入れれば、端末を変えずに自由にキャリアを変更することができるようになります。

つまり、自分の好きな端末を、好きなキャリアで使うことができるのです。

しかし、これだけではスマホ料金を安くすることはできません。

なぜなら、既存の3つの代表的なキャリアは、どこも料金プランが高額だからです。

そこで登場するのが、もう一つのキーワードになるMVNOになります。

MVNOとは、自社で通信インフラを持たずにネット回線を提供する通信事業者を指す言葉です。

MVNOは、既存の代表的な通信事業者から回線を借りて独自の通信サービスを提供しています。

MVNOの提供する通信サービスは、既存のキャリアよりも選べる料金プランが多いのが特徴です。

これにより、ユーザーは各自の利用環境に最適な料金プランを選ぶことができます。

たとえば、今までのキャリアで高速通信容量7GBのプランしか選べなかった方が、キャリアを解約してMVNOの提供する2GBの低容量プランに乗り換えることで一気にスマホの基本使用料を下げることができるのです。

もっと具体的にいえば、今まで8千円以上払っていた基本使用料を、2千円以下に下げることもできます。

ちなみに、2015年5月にはSIMロック解除の義務化が始まるので、今後登場するスマホは基本的にSIMフリー端末として利用できると考えてよいでしょう。

また、現在もSIMフリーに対応した端末は大手各社から発売されており、その機能は最新スマホに劣るものではありません。

スマホ料金を安くしたいのであれば、SIMフリー端末をMVNOのSIMカードで利用してみてはいかがでしょうか。

(京都府 フランキー三浦さん)




キャリアを辞めてWi-Fiで運用をしてスマホ代を節約しています。

今のスマホが2年になったのでキャリアを辞めました。

Wi-Fiで運用する事にしました。

通話がなくなるので、困っていたら、父親のソフトバンクのガラケーが福祉割引で基本料無料になりました。

父親のガラケーを母親に使わせる事にして、母親のガラケーを私が使うようにしました。

母親のガラケーは元々私がスマホに機種変する前に使っていたもので、キャリアはドコモです。

なので、スマホのキャリアをなくしても良くなり、ガラケーの基本料金は母親が払っているので、お得です。

ガラケーの料金をG-Callに登録してプレフィックスにしてるので、半額でかけれます。

通話料の請求は私に来るようにしています。

この間、ドコモの料金表を見たら、無料通話が3500円ありました。

あっ、無料通話使えば良いんだと、久しぶりのガラケーなんで無料通話の事すっかり忘れてました。

しかし、ナビダイヤルは無料通話の対象外だという事を最近知り、ショックです。

なので、前はスマホとイーモバイルのWi-Fiで8,000円~だったのが、Wi-Fiだけになったので、スマホ料金4,000円です。

Wi-Fi1本化にしたもう一つの理由は、父親が入院し、家でインターネットを使わなくなったので、キャリアを辞めれました。

しかし、キャリアを辞めるタイミングがわからなく、結局は2ヶ月くらいはスマホが6,000円でした。

その後は、4,000円で納まってます。

この方法が、私も母親も両方お得で、今のスマホが壊れたらY-mobileにします。

(北海道 ともちんさん)