格安SIMと契約してスマホの料金を節約しています。

現在私がスマホにかけているお金は、本体の分割金も合わせて月々8千円から9千円です。

自分でも非常に高いと思っています。

そこで、このランニングコストをどうにかして節約出来ないか、ずっと考えていました。

まず、自分のスマホ使用の割り当てを算出します。

私の場合は、データ通信は月3GBもいかないのと、通話はほとんどしないという感じなのですが、データ通信を節約しようと、通信料を選択出来るコースに変更しようとすると、もれなく電話かけ放題コースがついてきます。

この電話かけ放題コースがネックで、これのおかげで基本使用料が3倍程度に跳ね上がります。

これでは折角データ通信量を選んで少なくし、データ通信の月額を減らしたところで、意味がありません。

今日本で有名で大きいキャリアでは、どこを選んでも基本同じような値段になります。

だったらいっそのこと、そのキャリアをやめてしまえばいいのではないかと考えました。

そこで活躍してくれるのが、格安SIMとSIMフリースマホです。

キャリアが扱うスマホを購入すると、最低でも6万円くらい取られてしまうので、携帯電話専用ショップをネットで探して、安いスマホを見つけました。

2万弱でSIMフリーです。

後は格安SIMですが、MNPを使用出来て、通話とデータ通信4GBついて、月々2千円ちょっとでいけるのです。

これでランニングコストが今までの四分の一程度になります。

今の形態事情だと、ほとんどの人が日本三大キャリアで契約していると思いますが、そこを離れる事を頭に置けば、安くする方法はいくらでもあります。

ポケットwifiを利用して、タブレットも併用するというやり方もありますし、キャリアから離れたくなければ、データ通信コースを見直すという手もあります。

私としては、キャリアを離れて、格安SIMと契約するのをおすすめします。

(愛知県・かずやさん)




格安SIMでスマホ料金を最小限に抑えています。

ガラケー時代に比べてスマートフォンの料金は確実に上がっています。

平均すると1万円前後といった方が多いのではないでしょうか。

できる事ならスマホ料金での出費は最小限に抑えたいですよね。

そこで今回オススメするのが「格安SIM」です。

格安SIMというのはBIGLOBEなどのインターネットプロバイダーが提供しているものもあれば、楽天や家電量販店のビックカメラなどが販売しているSIMカードです。

ビックカメラが提供している、BIC SIMを例に挙げると、最低900円~運用する事ができます。

ただし、プランによっては通話機能が制限されたり、インターネットなどの通信が3Gで制限されたりする事があります。

しかし、どの会社の格安SIMを使っても従来のSIMカードより高くつくという事はありません。

またモバイルwi-fiなどと組み合わせる事により、通信制限も気にする事なく、格安スマホを運用する事ができます(モバイルwi-fiは月2000円程度)

オークションサイトやリサイクルショップなどで、白ロムと呼ばれる、SIMカードの入ってない端末を購入するか、今現在使ってるスマホを使います。

ビックカメラなどは店頭でSIMカードの購入が出来ますが、基本的にネットでの契約になります。

白ロムと格安SIMを用意する事ができたら、キャリアショップや家電量販店などである程度設定はしてもらえます。

ここまでするのは面倒くさいといった方でも、パケ放題をやめて、モバイルwi-fiを一台契約するだけでも月3000円程度の節約もできますし、プランによっては速度制限も無くす事ができます。

(茨城県 o.kさん)