携帯代を安くする方法を考えてみました。

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

携帯電話の毎月の料金って、家族で何台も利用していると家計に占める割合が高く、結構大きな負担になりますよね。

特にスマほの場合、契約内容にもよるのでしょうが、1人当たり8,000円前後が最低みたいで、3人で利用すれば24,000円にもなって、かなり深刻な悩みにもなります。

携帯代を安くする方法を、現在色々検討しています。

まずは、スマホからガラホと呼ばれる、形はガラケーだけれどもOSにアンドロイドが使われ、パネルタッチの操作は出来なくなるものの、インターネットなどの利用はスマホ同様に出来るというもの。

月額も、ガラケーとほぼ同じと聞きますので、スマホの1/3位になります。

LINEアプリも最初から入っているようですし、私の様な音楽をダウンロードしたりもせず、モンストやパズドラなどのゲームもしない人なら絶対変えるべきスタイルなのではないかと思っています。

スマホを利用している中で、文字入力の際になかなか上手く入力出来ず、ガラケーのボタン操作の方が合ってると思うので、次回携帯電話を買い替える際の、候補の1つとなっています。

次は、スマホの格安SIMの利用です。

現在は多くの会社が格安SIMを提供するようになりました。

データプランだけなら、1,000円を切る料金です。

通話を加えたプランでも月額1,600円前後の会社が一般的です。

通話時間が気になる方でも、60分掛け放題のようなプランを加味しても、月額2,200円前後のようですので、かなりのコストダウンとなります。

格安SIM会社からもスマホ本体を販売していますが、現在利用中のスマホのSIMを交換するだけでもOKですし、先々中古スマホなどを購入して差し替えることでもOKなので、本体の縛りもないので、お得感たっぷりなサービスだと言えます。

但し、3大キャリアから離れることになるので、中高生など仲間内でキャリアの変更が気になる年代に受入られるかが問題です。

(我が家が、その典型です)
まずは自分からということで、次回携帯電話買い替え時には、ガラホに変えてみようと思います。

ガラケー時代のあの低料金は、絶対的に魅力です。

(埼玉県 たつきん さん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。