携帯代を安くするにプランを見直しをしました。

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

最近では、携帯電話の普及がめざましく、1人1台以上というニュースも多く聞きます。

若い世代では、自宅に電話回線を引かずに、携帯電話のみという人もかなり多いようです。

この普及した携帯電話の悩みの一つが料金だと思います。

少しでも料金を安くする方法はあるのでしょうか?

まず、最初に料金を安くする方法をあげるとするならば、ネット契約の見直しです。

携帯電話を契約した時のままの状態の方が結構います。

自分の契約内容を把握しているという人もいますが、改めて見直すと無駄に携帯電話の料金を払っていることもあります。

例えば、インターネット定額等のプランです。

ガラケーの人もスマホの人もよくネットを使用する人はこのプランで契約をしています。

最近では、自宅にWi-Fiを使っているので契約したプラン分を使いきってない、という話も聞きます。

しかし、プランではスマホを契約した時のまま・・・。

このプランを見直すだけでも、キャリアによって違いますが、1500円くらいは下げられると思います。

次は、オプションによる契約の見直しです。

最近は、スマホを使用している人もいます。

その時にもしかしたらキャッシュバックなどで色々オプションに入っていませんか?このオプションは最初は無料なので~、などと言われてよくわからずに加入したままの人もいます。

すぐに解約をせずによくわからないからといって、ズルズルと毎月オプション代金を払っている人は見直したほうがよいでしょう(活用している人は別ですが)。

携帯電話は私たちの生活においてはもはや切っても切れないものだと思います。

そして、携帯の料金は毎月毎月結構な料金なのも事実です。

これを少しでも安く抑えて上手にやりくりをするためにはまず契約内容の見直しが最初の一歩だともいえます。

(宮崎県 kawanoさん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。




通話料金、パケット代、端末料金を見直して携帯代を大幅に安くする

月々の携帯代を安くする方法を考えるに際し、そもそも携帯代とは何の金額かを明確にすることが、料金を安くする一番の方法にになってくるかと思います。

まず、携帯代と言われているものの内訳を考えます。

私が考えるにこれは3つの大きな料金項目からなっていると思います。

それは、通話料金、パケット代、端末料金です。

これら3つの料金項目を改善できれば、携帯代は大幅に安くなると考えます。

それでは、この3つの改善策を述べていきます。

一つ目は通話料金の改善です。

こちらはまずかけないことで節約が簡単にできますが、これでは携帯を持つ意味が無くなってしまいます。

ここで有効なのが、昨今様々な形で登場している無料の通話アプリです。

スカイプやラインなどが代表的な例になります。

これらのアプリは携帯のデータ通信を利用して、無料通話が可能です。

このようなアプリを駆使すれば月々の通話料金をゼロにすることも夢ではありません。

手っ取り早く携帯代を落とすにはこの方法が適切かもしれません。

次にパケット代です。

以前は通話料金が携帯代を占める主な料金項目でしたが、現在ではこのパケット代が一番携帯代の割合を占めているかと思います。

逆にいえばこのパケット代を節約することこそ一番携帯代を安くすることができるはずです。

このパケットは通信料によって料金を分けているかと思います。

一番節約できる方法としては通信料の少ない一番安いプランで契約をして、無料のWi-Fiスポットなどを活用することが挙げられます。

最近は街中でもこのWi-Fiスポットが増えてきており、パケットの節約も無理なくできるかと思います。

最後に端末自体の料金です。

これは最新のモデルにこだわりがなければ、1世代前のものを購入することなどで費用が抑えられるかと思います。

こちらは使う方が携帯に何をどこまで求めるかにもよると思いますので、適宜判断してみてください。

以上が私が考える携帯代を安くする方法です。

是非参考にしてみてください。

(東京 館林幸一さん)




ハピタスを使ったネットショッピングがお得!

ポイントサイトの老舗として名高いハピタスの最大の特徴は、インターネットを経由するショッピングを利用したときに付与されるポイントが他ポイントサイトに比較して高いことです。

それゆえに、私のようにネットショッピングを多用する方がハピタスを利用すれば、毎月ある程度のポイントが還元され、思わぬ副収入を確保することが可能となります。

また、ハピタスのネットショッピングは「お買い物あんしん保証制度」を取り入れているので、万一ショッピングのポイントが付かないという不具合が生じた場合も、問い合わせを行えばハピタスポイントが加算されます。

他のポイントサイトでは不具合でポイントが加算されなくて泣きを見たことがあったので、ハピタスのこの制度は非常に優秀であるといえます。

ただ、問い合わせる際には、お買い物を行なった際の購入完了確認メールなどをハピタスに提示する必要がありますので、ポイントが付与されるまではメールを削除しないことをお勧めします。

ハピタスを実際に使ってみて思ったのは、このサイトはページのレイアウトを見やすく、わかりやすく工夫しているなということです。

パッと見てショッピングやサービスページに移行できるので、時間のないときでも堅実に目当てのショッピングサイトへ飛べて、非常に重宝しています。

また、最低換金額が300円からと低いのも長所のひとつです。

さほど稼げなかった時期でも手軽に換金できるので、ポイントを無駄にするということがありません。

(石川県 まれさん)

>>ハピタスの申込はこちらです。




自宅のwi-fi利用でネット代節約

私のスマホ料金節約術は、家でのインターネットはwi-fi接続にしています。

現在のスマホ料金は使用データ量に応じてプランを選択する形になっていますが、私は一番データ量が低いものにしています。

家でスマホを使うときにはwi-fiを利用することでデータ量は抑えることができるからです。

wi-fi回線を使用した分のデータ量は料金プランにある使用データ量には含まれません。

ですので、残りは外で使用する分になります。

私の場合は外での使用は常時行っているスマホゲームですが、だいたい移動中、たまに空き時間に操作する程度ですが、最低料金で問題なく済んでいます。

このデータ量が超えると回線がものすごく遅くなりますので、自分の使用量に合ったものを選択されるとよいかと思います。この方法は家でインターネットでwi-fiを利用できる方に限定されますが、もし、現在プランが高いのではないか、という方は、一度自分のwi-fi利用以外のデータ使用量を計算してみるといいと思います。

私が使用しているのはauですが、auのページでは一日一日の使用量が見ることができます。

何日間か調べたら、自分がどのくらい利用しているかも把握できると思います。

最近では、カフェや空港、観光地で無料wi-fiがありますので、スマホをwi-fiを使用して使うことを意識的に行えば、通信量の削減もできます。

これは自宅でインターネットをつないでない方でも利用できる方法です。

スマホの使用頻度は減らしたくないけれど、wi-fiでのデータ使用量は削減することはできるので、やってない方はやってみてください。

(長崎県 swallowtailさん)




LINE電話を使って通話代を5000円ほど節約しています。

自分が行っている携帯の節約方法ですが主に二つの方法を行っております。

そしてもう一つの方法をいつかは行うつもりです。

それを紹介させていただきます。

どれも月並みな方法ですが、一つ目は通話です。

LINEがアプリとして登場してからは通話は必ずLINE電話を活用しております。

声が聞き取りにくい、ノイズが入ってしまうといろいろネットでは不満の声も上がってはおりますが、ですが会社の通話を使用するよりはぜんぜんマシです。

これによって自分の携帯代は5000円ほど節約を行うことができたのです。

そして二つ目の方法ですが、極論をいえばしなければいいという話もなると思いますが、アプリなどを使用する時は全て無料インストールが可能なアプリを活用することです。

現在ではパズドラやモンストなど娯楽のアプリが無料でできる時代です。

そして今度はウィルスバスターやバッテリー節約なども無料でアプリを当たり前のようにインストールができます。

そのクォリテイーは有料アプリよりも高いこともあるのです。

ですので、有料アプリは絶対にインストールをしないことです。

これが現在自分が行っている節約方法です。

これで普段は17000円ほどですが、これによって9000円までに節約ができました。

そして今から実践をしようとしているのは格安スマホです。

初期費用は約5000円、月々の基本料金は約3000円です。

つまりこれによって9000円の携帯代を5000円~6000円にまで抑えることができるのです。

これが自分の節約方法です。

(大阪府 くろちさん)