NifMo(ニフモ)はバリュープログラムがあって月々の料金が安くなります。

最近はいろいろな企業から格安simがでてきてます。

少し前までは日本通信やiijmioといった所だけでしたが、今はOCNやDMM等、またau系でもmineo等が出てきてどれを選べばいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

私はもともとドコモのユーザでしたが、データ通信をiijmioにするようにしました。

その後最近nifmo(ニフモ)が登場して興味を持ったので少し使ってみることにしました。

ここではその中でなぜ私がNifMoを使っているかを書いていきます。

・NifMo バリュープログラムがある

これがNifMoの一番の特徴だと思います。

正直これ以外は他の企業と大差ないため、選択肢に入るかどうかというと微妙なところです。

ただこのNifMo バリュープログラムを利用すると月々の利用料が安くなります。

ネットで買い物をよくする方にはオススメのプログラムになっています。

・最低料金以外は少し高め

iijmioと比較すると2Gプランの料金は変わりませんが、容量が多いプランの料金は高めになっています。

そのため、大容量プランを選択したい場合は他のmvnoを利用したほうがよいでしょう。

ただ格安simを使いたい方は最低料金のプランを選ぶことが多いとおもいます。

大容量プランにしてしまうと結局大手と契約してるのと変わらなくなってしまいますからね。

・留守番電話が付いている

留守番電話のオプションがないmvnoもありますが、NifMoはしっかり付いています。

iijmioから乗り換えたのも留守番電話が結構大きかったなと思います。

>>ニフモの申込はこちら






ニフティのスマホ(ニフモ)はここがポイント!

最近は小学生から高齢者まで、スマホを使いこなしている方が多くみられます。

スマホは画面も見やすいですし、さまざまな機能を使う際も使い勝手が良いのが特徴ですが、その料金の高さがネックでした。

しかし、格安スマホも多く販売されるようになっています。そのうちのひとつの「NifMo」についてその特徴をご紹介します。

1.格安スマホならではの料金プラン

従来の大手携帯電話会社では最低でも6000円以上は通信費がかかってしまいます。

しかし、通信速度には制限があるもののプランを選べば月額900円、音声通信機能付きであっても月額1600円から利用できるのが特徴です。

さらにニフティのインターネットサービスを利用していれば割引が適用されることもNifMoならではのサービスです。

2.ネットでの買い物でお得!

さらにネット通販をよく利用する方にはさらにお得になるNifMoならではの割引サービスがあります。

専用アプリを経由して提携ショップでネット通販を利用すると、利用額に応じて毎月の通信利用額が割引されるといったものです。

提携ショップも大手サイトが多く登録されているため、これまで知らずに利用していたという方には思わぬ節約ができるポイントです。

3.サポートサービスが充実

有料ではありますが、NifMoユーザー向けのアフターサービスはその充実さが特徴です。

故障時の代替機レンタルサービスだけでなく、高齢者の方にはなかなか大変なスマホの設定や使い方の説明などを訪問して教えてくれるというサービスまであるから驚きです。

以上、簡単ではありますが格安スマホNifMoの特徴をご紹介しました。

スマホ選びの参考になさってくださいね。

(東京都 くろさん)






NifMoが薄く、頑丈で美しいスマホを信じられない衝撃価格で提供

NifMoは、有名なニフティが提案するスマートフォンです。

スマートフォンというと、どの会社も機種も月額使用量も高額で、しかも相場は横並びといった印象を受けるのが通常です。

ですが、NifMoはその両者において圧倒的に違います。

まず、携帯電話キャリアの主な収入源となる月額使用料はスマートフォン本体との併用購入であっても、月額費用24カ月間は月2697円で使用する事ができるのです。

また、本体の分割払いが終了した後には、月1600円でスマホを利用する事ができる為に、とてもお得です。

よくある大手スマホキャリアのように、分割払い終了後は基本料金を値上げして月々の支払額は変わらないという手法は一切感じられません。

NifMoは業界の常識とも、悪習とも言えるルールを打ち破り、大変なコストダウンを実現していると言えます。

しかし、月額使用量などが安いとサービスなどで大きく劣ってしまったり、スマートフォンの品質が落ちてしまうのではないかという不安が生まれるのが普通です。

ですが、実際に使用したところ、そのような心配は全くの急だと感じる事ができます。

まず本体ですが、NifMoは形状が非常に薄い設計となっており、ゴテゴテしたり嵩張ったりは一切ありません。

大手他社のスマホと比較しても軽量化やデザインにおいては非常に洗練された設計と言ってよく、一目見ただけで優れたポイントが実感できます。

また、衝撃に弱かったスマホの液晶を覆うガラス面を大幅に強化、ゴリラガラスと呼ばれる強度の高いガラスを使う事で耐衝撃性を向上しています。

内装においても妥協はなく、強力なCPUであるクアッドコアを採用、動画などもスムーズに再生してくれます。

手袋をした状態でも反応する手袋モードなど細かい点においても配慮されており、非常にすぐれた製品ラインナップを形成していると言えます。

(神奈川県 たろすけGTXさん)






NifMo(ニフモ)でお得にデータ通信回線を使ってます

NifMo(ニフモ)でipadとL-09Cを使ってwi-fiを楽しんでいます。

いろんなMVMOの事業者があったので、契約先を悩んだのですがNifMo(ニフモ)にして正解でした。

まず、契約の決め手となったのは契約手数料の無料キャンペーンです。

6ヶ月間、契約すれば契約手数料が銀行口座にキャッシュバックされるという内容だったので、NifMo(ニフモ)と契約することにしました。

音声通話が付いていないタイプを契約しましたので、即解約しても解約手数料は不要ですし、もし使って気に入らなければいつでも気楽に解約できると思えたのも契約の決め手となりました。

NifMo(ニフモ)と契約したのは2GBのプランで、使ってみた感想としては動きもスムーズで快適で素晴らしいです。

NifMo(ニフモ)の2GBのプランは直近で400MBを超えると帯域制御されるので、過去の通信料を確認しながら使うのが良いと思います。

もし、通信料が月の途中で足りないと思った場合はデータのおかわりができるので便利ですし、契約の容量を超えても最大200kbpsの低速回線で通信できるので、その点は良いと思います。

最もNifMo(ニフモ)と契約して良かったと思う点は、NifMo(ニフモ)バリュープログラムです。

NifMo(ニフモ)バリュープログラムはAndroidのアプリとして提供されている割引アプリで、これを使う事によって毎月の基本料金から代金を割り引いてくれます。

NifMo(ニフモ)バリュープログラムはiOSのアプリでは提供されていないので、利用したい場合は必ずAndroidの機器が必要となります。

例えば、指定のアプリをダウンロードして起動させるだけで数円から100円程度の割引となります。

週に何度か割引対象のプログラムが更新されるので、NifMo(ニフモ)バリュープログラムをうまく使いこなせれば毎月の基本料金が無料となることもあります。

安いのに割引も付いているNifMo(ニフモ)は、とてもお得な通信回線で感謝して使っています。

(京都府 ケンジさん)