大手キャリアよりMVNOの通話機能付きSIMの方が断然お得です。

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

スマートフォンは現代人に無くてはならない道具になりましたが、月々の支払いがガラケーに比較して高いため、悩んでいる人は多いようです。

どんなに安いプランで契約しても、3大キャリアで契約すると、7000円程度はかかってしまうスマートフォンですが、MVNOに乗り換えるだけで、月々1000円台で使用することが可能です。

MVNOとは、ドコモやAUなどの回線をプロバイダーが借り受ける形で提供されているデータ通信サービス網です。

簡単に言うと、ドコモやAUの通信クオリティはそのままに、月々の携帯代を驚くほど安くすることができるシステムです。

例えば、ここ数年で定番化した通話機能付きSIMの場合、多くのプロバイダーで提供されているのは1500円前後でデータ通信と通話機能が可能といったプランです。

近年LINEやその他のアプリなどの普及で通話機能はあまり使わないといった方は、3大キャリアで提供されている通話し放題のプランより、MVNOにしたほうが断然お得です。

MVNOの通話プランには無料通話はありませんが、アプリでできる通話なら無料ですし、楽天電話などを使用すれば、通話量は半額になります。

特にスマホのライトユーザーは、月々のデータ使用量も使い切れていない場合が多いようですので、2GBから3GB程度あれば十分足りると思います。

イメージでいうと、今の使用感をそのままに、月々の携帯料金が4分の1かそれ以下になるのが、MVNOです。

(茨城県 MORIさん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。




プラン変更で無駄なスマホ料金を減らしました。

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

携帯料金を安くするためには、まず自分がどんなプランに加入しているかを判断しましょう。

スマホの場合で通話料が高い人は、かけ放題プランがおススメです。

従前の2700円でかけ放題なプランと、1700円のかけ放題ライトの2パターンが選べます。

長時間の通話が多い方はかけ放題、短時間だけど回数の良い方はかけ放題ライトがおススメです。

目安として月に40分以上通話をする人は、どちらかのプランにした方がお得になってきます。

それももったいないと言う人は、無料の通話アプリを使うのもありです。

若干通話の音質、エリアなどは劣りますが、それなりに通話は出来ます。

仕事ではそうもいきませんが、友達と話すくらいなら無料通話アプリでも良いかもしれません。

もっと安くしたい人は、通信のプランを変更するのもありです。

大手3社は、通信プランを3GBからクラス別に設定をしています。

そこまで毎月使っていないなら、通信プランを下げると良いでしょう。

スマホ利用者の平均が1.98GBというデータもあるので、一番下のプランでも良い人が多いと思います。

auの場合は2GBのプランもありますが、かけ放題ライトなどのプランと併用が出来ないので注意しましょう。

それ以上に安くしたい場合は、MVNOに変更してみると良いでしょう。

あまり通信しない人には、これで十分な場合も多いです。

一度自分の通信状況を把握してみると良いです。

後、不要なオプションを切る事も重要です。

加入時に勧められて、そのまま入ったままになっているオプションなどがないか一度調べてみる事をおススメします。

(鳥取県 くるみさん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。