ガラケーとiPad(格安SIM)の二台持ちで毎月の通話料を節約しています。

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

スマホを契約すると、毎月の通信料がとても高額になってしまいます。

料金の支払いの明細を見るたびに、なんとかならないかと考えていました。

そして、スマホ一台で行なっていたことを、ガラケーとiPadの二台に分けてみようと考えました。

ガラケーはメールや電話専用にして、余計な通信料金を削減することにしました。

連絡用の端末として利用することで、暇つぶしに何気なくインターネットに接続することはしなくなりました。

毎月の料金を比べてみても、数千円お得になりました。

インターネットで検索したり、アプリを使用するときにはiPadを使うようにしました。

インターネットに接続するために、格安シムを契約してiPadに入れました。

スマホの利点はその手軽さですが、iPadに変えることでその点は不便に感じることもありました。

けれども、多少の不便だけで料金が安く済むのは大きな利点であると思います。

スマホを契約するよりも、ガラケーとiPad、格安シムの通信料の方が、実際安く済むようになりました。

すべてを一つにまとめる必要はないと思います。

確かにそちらの方が、便利で手軽だという側面もあります。

しかし、それぞれの長所を活用してより効率よく、安価に済ませることもできます。

その点で、ライフスタイルに合った活用術を見つけ出すことは、非常に価値あることでしょう。

少しの工夫をするだけで、料金を安く抑えることができるので、一度自分の契約状況を確認してみることをおすすめします。

もし高額な使用料金に悩んでいるのであれば、スマホを一度離れてみることも選択肢のひとつでしょう。

(愛知県 のりたまさん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。




携帯代を安くする方法を考えてみました。

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

携帯電話の毎月の料金って、家族で何台も利用していると家計に占める割合が高く、結構大きな負担になりますよね。

特にスマほの場合、契約内容にもよるのでしょうが、1人当たり8,000円前後が最低みたいで、3人で利用すれば24,000円にもなって、かなり深刻な悩みにもなります。

携帯代を安くする方法を、現在色々検討しています。

まずは、スマホからガラホと呼ばれる、形はガラケーだけれどもOSにアンドロイドが使われ、パネルタッチの操作は出来なくなるものの、インターネットなどの利用はスマホ同様に出来るというもの。

月額も、ガラケーとほぼ同じと聞きますので、スマホの1/3位になります。

LINEアプリも最初から入っているようですし、私の様な音楽をダウンロードしたりもせず、モンストやパズドラなどのゲームもしない人なら絶対変えるべきスタイルなのではないかと思っています。

スマホを利用している中で、文字入力の際になかなか上手く入力出来ず、ガラケーのボタン操作の方が合ってると思うので、次回携帯電話を買い替える際の、候補の1つとなっています。

次は、スマホの格安SIMの利用です。

現在は多くの会社が格安SIMを提供するようになりました。

データプランだけなら、1,000円を切る料金です。

通話を加えたプランでも月額1,600円前後の会社が一般的です。

通話時間が気になる方でも、60分掛け放題のようなプランを加味しても、月額2,200円前後のようですので、かなりのコストダウンとなります。

格安SIM会社からもスマホ本体を販売していますが、現在利用中のスマホのSIMを交換するだけでもOKですし、先々中古スマホなどを購入して差し替えることでもOKなので、本体の縛りもないので、お得感たっぷりなサービスだと言えます。

但し、3大キャリアから離れることになるので、中高生など仲間内でキャリアの変更が気になる年代に受入られるかが問題です。

(我が家が、その典型です)
まずは自分からということで、次回携帯電話買い替え時には、ガラホに変えてみようと思います。

ガラケー時代のあの低料金は、絶対的に魅力です。

(埼玉県 たつきん さん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。




格安SIMの有効利用してスマホ代を節約

注目

いくつかの条件があるにはありますが格安SIMを利用するのが、スマートフォンの料金を安くするには有効な手段です。

上手く使えれば、恐らくもっともスマホ料金は安くなると思います。

条件としては、

・今の携帯電話会社からもらっているメールアドレスを継続して使う必要がないこと

・携帯電話会社が提供する自社の携帯回線限定のサービスにどうしても止められないものがないこと

・無料通話アプリではまかなえない音声通話があまりないこと

・あとは格安SIMの料金支払に必要となるクレジットカードを持っていること

などが上げられるかと思います。

ナンバーポータビリティ制度で、それまで使っていたスマートフォンの電話番号はそのまま移行可能ですし、SMSサービスも利用可能なコースも用意されています。

通信データ量に上限があり、あまり集中してデータ量を使ってしまうと通信速度に制限がかけられてしまうサービスもありますが、これらは基本的には大手携帯電話会社のLTE回線でも同じ制限がかかります。

3G回線であれば大手の携帯電話会社は本当のパケット使い放題プランとなりますが、LTE回線では必ず通信データ量には上限が設定されています。

このため使用するデータ量が多くなっていっても、結局のとこはトータルでは格安SIMのほうが安上がり、ということになると思います。

ただし、上にも書きましたとおり、現状の格安SIMには音声通話がかけ放題のプランはありません。

また、音声通話の時間あたりの料金もかなり高めの設定となっています。

このため、Lineなどの無料通話アプリでカバーできないタイプの通話が多い方は必ずしも格安SIMの方が安上がりになるとは限らないケースもあり、直近の通話料金の内容を見て考える必要はあります。

ではどこの格安SIMが安いか比較しました。

■通話SIMの料金比較

3G 5G 10G 無制限
DMM mobile 1550円 1970円 2950円
U-NEXT(U-MOBILE)
1580円 1980円 2730円
楽天モバイル 1600円(3.1G) 2150円 2960円
NifMO(ニフティ) 1600円 2300円 3500円
もしもシークス 3980円

結論から言って、無制限以外は各社あまり大きな値段の差がありません。

無制限を利用したい方はU-NEXTがおすすめです。

それ以外は自分の好きなところを選んだらいいのではないでしょうか(無責任ですみません)

私はU-NEXTの3Gを使っています。

セッティングもそんなに難しくはありませんでした。

ただ、少しわからないことがあり、1回、窓口に電話しました。

普段は自宅で自宅のWI-FIを使っており、外出時しか使っていませんが、電波状態などで不便を感じることはありません。

各社の特徴は

 

DMM mobile
値段はわずかですが、最安値です。
今ならお得キャンペーンをやっていて、DMMのギフト券を利用代金の10%がもらえるようです。
ただし、DMMのギフトもらってもあまり使い道が無い感じがします。
それにギフトの有効期限が1ヶ月というのも短すぎです。
>>詳しくはこちら
 

U-NEXT(U-MOBILE)
私が使っているSIMカードです。
無制限があるのが特徴
実際に使ってみて、特に問題はありません。
窓口の電話の対応も問題ありませんでした。
>>詳しくはこちら

 

楽天モバイル
値段も他社とほぼ変わりません。
初月料金は0円だそうです。
更に、余ったデータ通信料は翌月に繰越可能だそうです。
月付きの支払いの100円に付き、楽天スーパーポイントが1ポイント貯まるそうです。(たいした金額ではないけど)
データ速度が200Kbpsでよければ通話SIM最安値です。
>>詳しくはこちら

 

NifMO(ニフティ)
ただいま、キャッシュバック3000円のキャンペーンをやっています。
ニフティの接続サービスを利用中の方は月々200円割引だそうです。
ということは、たとえば3Gなら1400円になって、最安値になります。
>>詳しくはこちら

 

もしもシークス(エックスモバイル)
この中では一番変わった会社です。
社長さんにも一度お会いしたことがあるのですが、やる気がある会社です。
この会社のうりは無制限のプランです。
3回線まですが、家族でまとめると、2回線目、3回線目が格安になるプランがあります。
しかし、まとめても、U-NEXTの無制限より値段が少し高いです。
もうひとつの特徴はソニーのXperia Z3 Compact(SO-02G)やZ3(SO-01G)、アップルのiPhone6、iPhone6プラスも取り扱っています。
両方とも当然SIMフリーです。
特にアップルのiPhone6、iPhone6プラスはアップルから買うより安い値段で購入できます。
>>詳しくはこちら

スマートフォンの費用の抑え方

スマートフォンは誰でも持っているようなアイテムになりました。

それたけモバイルインターネットが便利で身近な存在になったのも事実です。

しかし、悩みと言えばつきづきの料金が高いこと。

しかも、データ制限量の上限枠があって、それを超えると翌月まで通信スピードが極端に遅くなってしまうことも辛いところです。

費用を安く抑える方法がないものかと色々な方法や仕組みが出てきているのが最近の動きです。

まずは、格安SIM。

これはMVNOという会社が普通のスマートフォンよりも月々の費用を安くしSIMフリーのサービスを提供しているものです。

これだと月額2000円~3000円と言ったレベルで使うことができます。

中には1000円代という所もある程です。

しかし、データ上限枠がより抑えられていることが多いので、使い方の工夫が必要です。

代替としてWifiを使うということがテクニックです。

自宅では、インターネット回線を無線化してのWifi利用。

外でも地下鉄や駅、レストラン、喫茶店等でも公衆Wifiが設備されている所が増えているので、これを使うことにします。

有料の公衆Wifiでも月額数百円という点が魅力です。

あるプロバイダーでは、通信スピードが3Mbps程度で使い放題というサービスもあります。

月額がとても安く3000円で収まるのも選択肢の1つかもれません。

他にはWIMAXとの併用です。

スマートフォンのLTEをやめて、月額が安いWIMAXのモバイルルーターに繋いで使うという人も増えてきています。
こういった方法がいくつがあるのです。

より抑えたいという場合は、完全にWifiのみで使うという方法。

先程の自宅でも外の公衆Wifiだけで使うことに絞るだけで数百円で済ますこともできるはずです。

スマートフォンの費用を見直す時は、いくつかの節約パターンがありますので、自分の使い方に合わせた選択を検討することが必要です。

(神奈川県、トールマンさん)




他社への乗り換えに格安SIM、スマホ費用を抑えるためには有効な手段です。

スマホの料金て本当に高いですよね。

機種代も分割で支払ったりしていると1人辺りの月額が1万円を超える。

そんなこともあり得ます。

スマホの料金をなるべく抑えたい、そう思うなら一番簡単なのは乗り換えです。

現在使っている電話会社から違う電話会社へ移るために、使っていた電話会社のアドレスは使えなくなります。

ですが電話番号は変わらず使うことが出来ますし、LINEや電話会社から与えられたアドレスと違うモノを使っていれば影響はあまりありません。

そして、乗り換えを行う手間は思ったほどではありません。

現在使っている電話会社に連絡を取り、乗り換え番号を貰えば後は簡単です。

それを持って乗り換えたい電話会社のスマホを取り扱っているお店に行きます。

後は通常の新規契約を行う様に手続きをするだけです。

本体代の割引や月額の割引などが行われ、これだけで毎月数千円の節約が可能となります。

ただこの値引きは2年など期間限定なので定期的な乗り換えが必要になります。

さらに費用を抑えたいなら格安SIMへの乗り換えをオススメします。

以前なら月に出来る通信量が電話会社の提供しているサービスに比べて低かったりしたため使いにくいイメージがありましたが、現在はそれらの電話会社も月の通信量に応じて利用料を選択する様になっていますので大差はありません。

月に4ギガの通信が行え、音声通話が行えるモノでも2千円代で済む場合が置いので料金はかなり格安です。

ただ、大手の電話会社は電話は掛け放題となっている場合が多いのですが、格安SIMは通話料金は定額ではありません。

なので日頃から電話をよく掛ける方の場合、割安感はあまり無いかも知れません。

格安SIMを利用するにはSIMフリーのスマホが必要だったりもしますが、対応するスマホをセットで提供している会社も多くあります。

その場合でも月に2ギガ程度の通信が出来て、月額は3000円程度など電話会社との契約とは比べ物にならない低料金です。

他の電話会社への乗り換えや格安SIMの利用。

ちょっとした手間は必要ですが、スマホの料金を抑えるには有効な手段です。

(岡山 たまご三)




格安SIMと契約してスマホの料金を節約しています。

現在私がスマホにかけているお金は、本体の分割金も合わせて月々8千円から9千円です。

自分でも非常に高いと思っています。

そこで、このランニングコストをどうにかして節約出来ないか、ずっと考えていました。

まず、自分のスマホ使用の割り当てを算出します。

私の場合は、データ通信は月3GBもいかないのと、通話はほとんどしないという感じなのですが、データ通信を節約しようと、通信料を選択出来るコースに変更しようとすると、もれなく電話かけ放題コースがついてきます。

この電話かけ放題コースがネックで、これのおかげで基本使用料が3倍程度に跳ね上がります。

これでは折角データ通信量を選んで少なくし、データ通信の月額を減らしたところで、意味がありません。

今日本で有名で大きいキャリアでは、どこを選んでも基本同じような値段になります。

だったらいっそのこと、そのキャリアをやめてしまえばいいのではないかと考えました。

そこで活躍してくれるのが、格安SIMとSIMフリースマホです。

キャリアが扱うスマホを購入すると、最低でも6万円くらい取られてしまうので、携帯電話専用ショップをネットで探して、安いスマホを見つけました。

2万弱でSIMフリーです。

後は格安SIMですが、MNPを使用出来て、通話とデータ通信4GBついて、月々2千円ちょっとでいけるのです。

これでランニングコストが今までの四分の一程度になります。

今の形態事情だと、ほとんどの人が日本三大キャリアで契約していると思いますが、そこを離れる事を頭に置けば、安くする方法はいくらでもあります。

ポケットwifiを利用して、タブレットも併用するというやり方もありますし、キャリアから離れたくなければ、データ通信コースを見直すという手もあります。

私としては、キャリアを離れて、格安SIMと契約するのをおすすめします。

(愛知県・かずやさん)




スマホの通信量を確認して、格安SIMを上手に使いましょう

スマホの維持費って結構高いですよね。

家族4人でスマホを持っていて全部で3万円くらいかかる、そんな家庭も珍しくはありません。

でも、スマホの維持費はちょっとしたことで大きく下げることが可能です。

まずみなさんの1ヶ月のスマホでの通信量はどれくらいでしょうか?

これはスマホの設定項目の中にあるデータ使用量などの項目を見ることでわかります。

この使用量が2ギガや3ギガ程度である方がほとんどなのですが、この様な方の場合は格安SIMと言われる低価格の月額で使用出来るSIMカードを使うことで月額料金がグッと抑えられます。

ただ、これを利用するには条件があります。

それはお手持ちのスマホがSIMフリーのものであるか、docomoのスマホであるかです。

auのスマホでも出来なくはありませんが、対応しているSIMを提供している会社がとても限られます。

この格安SIM、安いものですと月額が1000円を切ってきます。

ですが、値段だけで飛びつくのはちょっと待ってください。

通常の携帯会社との契約ですと毎月どれだけ通信しているか気にする必要がないのですが、格安SIMの場合は月の通信量に制限があるのです。

安いものですと1ギガ程度である場合が多いです。

値段と許される通信量は比例して行きますので、ご自身の利用量より少し余裕があるカードを選ぶことをオススメします。

3ギガ程度までであれば、電話会社と契約するよりもずっと安いはずです。

注意点はもうひとつあります。

カードによっては音声通話が出来ないことです。

この場合は音声通話可能なカードを選ぶか、LINEなどを使って通話したり楽天でんわなどの音声通話アプリを利用すれば電話をかけることが可能になります。

ただ中には緊急電話がかけれなかったりとデメリットがある場合があるので注意が必要です。

自宅ではwi-fiを使うなどすれば通信量はさらに下がります。

格安SIMと合わせて上手く運用して、高くつくスマホの維持費をグッとさげてください。

家族4人で1万円、それも不可能ではありません。

(兵庫県 なおかずさん)




格安スマホ会社へのMNPをして通話代を節約しています。

スマートフォンの料金見直しにはいくつか方法があります。

キャリアを変えないのであれば、プランの見直しです。

今の大手キャリアのプランであればデータ通信の利用上限でプランが変わってきます。

自身のデータ利用を調べて、一つでも少ないプランに変更しましょう。

そして、その減らした分は自宅のWiFiだけではなく駅や公共施設、飲食店の無料WiFiを利用することで賄う習慣を付ければ毎月の利用料金はコストダウンできます。

音声通話についても通話放題をプランにしている方は毎月の通話時間を計算して通話放題から従量課金に変更してみればコストダウンを図ることができます。

次にご自身の利用しているスマートフォンがSIMフリー対応である場合です。

これは抜本的にコストを改善できる可能性があります。それは格安スマホ会社へのMNPです。

一番大きな違いは通話放題がベースの大手通信キャリアとは違い、データ通信利用がベースになっている点です。

このデータ通信の利用上限も3GB、5GB、7GBと細かく分かれていますので自身のデータ利用を踏まえて検討してみてはいかがでしょうか。

仮にデータ通信だけの契約でいいのであれば、SIMカードとデータ通信の契約だけになるのでイニシャルのコストもかなり抑えることが可能です。

端末の購入代金がかかってこないからです。

現状のキャリアを継続しながらのコストダウンと現状の端末を継続して格安スマホ会社を利用してのコストダウンの両面をご紹介しました。

(兵庫県 timtamさん)