あなたはスマホにいくら使ってる? スマホ料金を節約するコツ

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

いまや日本人のほとんどが持っているといっても過言ではないスマートフォン。

毎月のスマホ料金はあまりスマホを利用していない人でも7~9千円ほどかかってしまったりしている人も多いと思います。

毎月のスマホの出費は結構家計にひびきますよね。

そこで、スマホ料金を見直して、スマホ料金を節約するコツをお知らせします。

うまくすれば今の半分ほどの料金でスマホを持つこともできるかもしれませんよ。

まず、スマホ料金を節約するために見直してほしいのは、現在契約している契約内容についてです。

多くの人がドコモ、au、ソフトバンクのいずれかの3大キャリアのスマホを所持していると思います。

自分の契約しているプランがなんであるか、基本料でいくらとられていて、通話料でいくらかかっているのかを確認しましょう。

自分が払っているスマホ料金がどんな割合で使われているのかを把握することがスマホ料金節約のために必要です。

同じ会社でもスマホの契約内容を変えることで、月々の料金が安くなる場合があります。

たとえば、月々のデータ利用量が数GBしかないのに、7GBのパケット通信し放題のサービスを契約しているのなら、月々3GBのプランに変更することで、料金を節約できます。

また、家族で同じ携帯会社に入っていると割引がきく場合も多くありますので、家族の利用状況も確認してみるといいでしょう。

更にスマホ料金を節約したいという方は、格安スマホを利用するという手もあります。

格安スマホはスマホで音声通話をよくするという方の場合はあまり節約になりませんが、スマホではネットサーフィンやSNS等の利用が中心で、音声通話もLINEなどのネット通信を利用したものしか使用していないという方の場合格安スマホにすることで一気に月々のスマホ料金を節約することができます。

(宮城県 しばいぬさん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。




スマホの料金節約!手軽にできるのは料金プランの変更

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

さて、今回は、毎月のスマホ料金を節約する方法の情報を簡単にではありますが解説してみたいと思います。

スマホは、非常に便利な方法ですが、毎月の料金が高いとお悩みの方が多いのも事実であります。

そこで、今回は、私が実際にやったことのある節約術も含めながら、スマホの毎月の料金を今より安くできる方法を紹介してみます。

参考になれば幸いです。

まずですね、一番、基本的な節約術ですが、毎月の料金プランを変更してみるのが大事だと思います。

この料金プランですが、各携帯電話会社は、様々なプランを用意しています。

例えば、通話を繁栄にする方向けのプラン、メールのみを利用する方向けのプラン、アプリやゲーム、インターネットを中心に利用している方向けのプランがあるなど、その人のスマホの使用方法に合わせたものが多くあります。

私は、最初、仕事などで通話を繁栄におこなっていたため、料金が、凄い高かったのを覚えています。

この時に、やはり高いなということで、携帯ショップに相談をしに行くことになったのですが、店員さんが、通話を繁栄にする方向けのプランがありますよということを教えてくれたので、早速、プラン変更をしたのですが、効果は抜群でありました。

私が、変更したプランは毎月、定額で電話がかけ放題になるものだったのですが、このプランに変更したことにより、どんなに通話をしても上限以上の料金は発生しないので、料金に気にすることなく通話ができるようになったのです。

お陰で、毎月の料金が安くなったのは言うまでもありません。

やはり、自分の用途に合わせたプランを選ぶことが大事ですので、料金が高いと感じている方は、まずはプラン変更をすることをおすすめします。

プラン変更は、携帯ショップでもWebでもできますので、ぜひ、試してみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

(静岡県 ヒデさん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。




大手キャリアよりMVNOの通話機能付きSIMの方が断然お得です。

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

スマートフォンは現代人に無くてはならない道具になりましたが、月々の支払いがガラケーに比較して高いため、悩んでいる人は多いようです。

どんなに安いプランで契約しても、3大キャリアで契約すると、7000円程度はかかってしまうスマートフォンですが、MVNOに乗り換えるだけで、月々1000円台で使用することが可能です。

MVNOとは、ドコモやAUなどの回線をプロバイダーが借り受ける形で提供されているデータ通信サービス網です。

簡単に言うと、ドコモやAUの通信クオリティはそのままに、月々の携帯代を驚くほど安くすることができるシステムです。

例えば、ここ数年で定番化した通話機能付きSIMの場合、多くのプロバイダーで提供されているのは1500円前後でデータ通信と通話機能が可能といったプランです。

近年LINEやその他のアプリなどの普及で通話機能はあまり使わないといった方は、3大キャリアで提供されている通話し放題のプランより、MVNOにしたほうが断然お得です。

MVNOの通話プランには無料通話はありませんが、アプリでできる通話なら無料ですし、楽天電話などを使用すれば、通話量は半額になります。

特にスマホのライトユーザーは、月々のデータ使用量も使い切れていない場合が多いようですので、2GBから3GB程度あれば十分足りると思います。

イメージでいうと、今の使用感をそのままに、月々の携帯料金が4分の1かそれ以下になるのが、MVNOです。

(茨城県 MORIさん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。




携帯料金を一ヶ月5千円の節約が出来れば年間6万になる、これは大きい

スマホの携帯代を節約するには、色々な方法があるとは思いますが一番簡単なのが格安スマホ(格安SIM)にすることです。

スマホ料金をキャリアで安くするのは正直言って難しいです。

というのも、まず端末代金です。

支払い方法を24ヶ月払いにし、一定条件を満たせば月割りがつき月額料金を安くできます。

しかしこの一定条件が問題で、一番安いのばかり選んでも8000円ぐらい取られてしまうんです。

もちろんその中には2年契約とかも入っていて途中解約すると違約金が必要になります。

そして24ヶ月無事支払い終わったとしてもそれほど安くなりません。

端末代金を支払い終わったんだから安くなるだろう?と思うのですが、月割サポートも終了してしまうので8000円だった月額料金が7500円になればいいほうです。

端末代金抜きで7500円、これは高いですよね。

ですので、お勧めなのが格安スマホってわけです。

現在の端末をそのまま使い続けてMNP(番号そのままで格安スマホ会社に乗り換え)した場合、通信量3Gならほとんどの会社では1600円前後です。

2000円もだせば通信量が5Gに出来ます。

会社によって微妙にサービスは違いますが、大体この料金帯に各社合わせて来てます。

端末代金なしでの比較ならキャリアなら7500円、格安スマホなら1600円、差額は6000円近い状況です。

ただ、格安スマホは無料通話がないものがほとんど、しかも通話料金が30秒20円なので結構かかります。

無料通話アプリを使ったり、LINE電話(1分14円)を使ったりと工夫をしておけば、なんとかなります。

あまり通話をしない人ならこれでいいと思いますし、通話が多い人ならYMOBILEっていうのも選択肢にあがると思います。

Y!mobileは無料通話もついてきます。

10分以内の通話なら月300回まで無料っていうのが基本サービスになっており、1000円で完全通話無料のオプションもあります。

その分Y!mobileは基本料金た他の格安スマホより高く2980円はします。

それでもキャリアと比べると半額以下、年間にすれば5万以上は変わってくるわけです。

他にも節約方法はあると思いますが、ただ会社を変えるだけで年間5万以上浮くので、携帯代が気になる人は格安スマホを検討してみてください。

(大阪府 田中さん)

>>Y!mobileの公式オンラインサイトはこちら



通信料を抑えるためにポケットwifiを別に契約しています。

今ではほとんどの人が持っている携帯電話ですが、スマートフォンにしてしまうことによって、料金が高額になってしまって、家計を圧迫してしまっているということが多くなってきています。

携帯料金を安くするには、通信料を抑えるということがポイントになるのです。

携帯電話でインターネットを利用することによって、通信料がかかってしまうのですが、この通信料を安くする事ができれば月々の料金を安くすることが可能になるのです。

携帯電話会社で契約している通信プランのみを解約し、ポケットwifiを別に契約することによって、インターネットをポケットwifiで利用することができますので、通信料を安く抑えるということができるのです。

携帯電話会社で通信プランを契約することによって、使い放題になりますが、金額が高額になってしまうということがあるのですが、ポケットwifiを別で契約することによって、インターネットが使い放題でも携帯電話会社の通信プランよりも安く済ませることができるということができるのです。

しかし、スマートフォンの他に、ポケットwifiを持ち歩かなくてはならないということがありますので、荷物が少し増えてしまうというデメリットもあるのです。

しかもポケットwifiを忘れてしまうことによって、インターネットが使用できなくなってしまうということがありますので、注意する必要があるのです。

こういったデメリットがありますが、料金は安くする事ができるのです。

(神奈川県 SAKURAさん)

>>ポケットwifiの申し込みはこちら



格安SIM・WIMAXの活用してスマホ代を節約しています。

私は、外出先で動画サイトやスカイプなどのデータ通信量の大きなツールを使うことがよくあります。

そのため、スマートフォンの料金プランはいつも7000~10000円でした。

家計が特別苦しい訳ではありませんが、将来のことを考えると少しでも支出を減らす努力をしたほうがいいと思うようになりました。

ただ、どうしても外出先で過ごす時間が多く、生活スタイルを変えるわけにはいきません。

最初に目をつけたのは、格安SIMです。

知人から古くなっていたモバイルWI-FIルーターをもらったので、これを活用したら安く済むのではないかと考えました。

格安SIMカードだけを家電量販店で買い、設定もしてもらって一ヶ月5GBを1800円程度で使えるようになりました。

そのため携帯料金もデータ使用量を減らしたプランを変更し3000円程度安くしてもらいました。

これで月1000円ほど浮きました。

しかし、しばらくするとモバイルWI-FIルーターの調子が悪くなりました。

また、たくさんネットをしたいと思うようになりました。

そこで私はWIMAXの契約をすることにしました。

私が契約したWIMAXは月額使用料4000円ほどでネットが使い放題となるものです。

通信速度も文句なく、月に使うデータ量を気にしなくて済むのでとても助かっています。

WIMAXにしたので、家でパソコン用に契約していた有線の契約を切りました。

また携帯料金プランも最低限のデータ通信しかしないプランに変更しました。

合わせて7000円位は節約できたと思います。

格安SIMにもWIMAXにもそれぞれメリットデメリットが有ると思います。

どちらがご自分にあったものか検討してみてください。

(埼玉県   ゆうさんさん)

>>ポケットwifiの申し込みはこちら






携帯代を少しでも安くするためにガラケーに変えました。

いまや、携帯電話は、生活必需品となっています。

携帯電話は、生活必需品だから、少々高くついても仕方がないと思っている人も多いようですが、携帯電話の機能を100%フルに使っている人は、案外少ないんです。

本当に必要な機能だけ使うことが出来れば、少しでも携帯代を安くしたいという人にとっても嬉しい携帯代を安くする方法がいろいろあるんです。

まずは、スマートフォンをガラケーに変えることです。

スマートフォンは、基本料金がとても高いんです。

もし、通話がメインで、メールが出来たらいいという人は、ガラケーで充分です。

今、スマートフォンで通話とメールを使うだけなのに、毎月5~6,000円払っている人は、かなり損をしています。

ガラケーなら、通話とメールだけで、1,000円代~2,000円代で携帯電話を持つことができます。

もしも、通話がメインで、よく通話をする人は、通話し放題のプランを選んでも、2,000円代で携帯電話を持つことができます。

月に、5,000円携帯代を節約出来たら、年間にすると、60,000円も節約できるんです。

スマートフォンをガラケーに変えて5年持ったら、なんと携帯代を300,000万円も節約できると考えるとかなり節約できると思いませんか?

また、スマートフォンを持っている人も、格安SIMを使うことで携帯代を安くすることができます。

毎月かかる携帯代、携帯代を安くする方法はいろいろあるので、携帯代を少しでも安くして大切なお金を有意義に使いましょう。

(山梨県 節約はな子さん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。




携帯代を安くするためにSMSのメールを活用しています。

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

携帯代を安くするには、どのようにしたらよいでしょうか。

まず、私は、携帯代を安くするために、短文のメールは必ずSMSメールで送るようにしています。

最近はスマートフォンの流行で、各携帯会社ともパケット通信料が定額になるプランがありますが、ガラケーと呼ばれる携帯電話を愛用されている方も多いのではないでしょうか。

ガラケーを使用されている方でパケット通信料が定額でない場合、パケット通信料が気になりますよね。

その場合は、メールアドレスを介したメールを一通送信するよりも、電話番号を介したSMSメールを一通送信した方が安く済みます。

また、スマートフォンを使用されている方でも、最近は各携帯会社の速度制限という通信速度が規制される制度もあるため、速度制限解除のためにお金を払う方もいるのではないでしょうか。

その場合でも、SMSメールであれはパケット通信をせずに送信することができるので、速度制限の規制にかかる率を下げ、速度制限解除のためのお金を払うことなく過ごすことができます。

その他、携帯代を安くする方法として、最近ではパケット通信にて無料で通話をすることができるアプリもありますので、スマートフォンを使用されていて、wifi環境にある方は、そのようなアプリを利用してみるとよいのではないでしょうか。

よく通話をする方であれば、無料通話のアプリは携帯代を安くするための最強のツールになると思います。

ただし、wifi環境で使用しなければ、あっという間に速度制限が規制されるパケット通信量に到達してしまうので、注意が必要です。

(北海道 にゃんにゃさん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。




携帯代を安くするにMNPで他社へ乗り換えをしました。

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

ここ数年、スマートホンの普及で便利になりました。

便利になったとはいえ、気になるのが毎月の利用料金です。

スマートホンではインターネットサービスへの接続が必要な為、必然的に毎月50,00円程度の通信料金が掛かります。

少しでも毎月の携帯利用料金を安くしたいと思う方は少なくないかと思います。

ちなみにガラケーのみを使用している場合に限っては、特にネットをしなければ通話料と基本料金だけで済ませることができる為、一番安くなるのではないかと思います。

では、スマートホンの利用料金をどの様にしたら安く済ます事ができるのでしょうか。

一番手っ取り早いのは、MNPを利用して他社に乗り換える事です。

以前は携帯やスマートホンを新しくするなら機種変更が主流でしたが、今は電話番号はそのままで他社に変えるMNPという選択肢があります。

MNPの最大の特徴は、色々なキャンペーンを展開しているという事です。

特にスマートホン自体は購入金額がとても高額である為、購入するだけでも多額の費用が発生してしまいます。

中には実質0円という名目で販売されており毎月の使用料から決まった割引を差し引いてくれるのですが、結局のところ機種代にかかる費用は負担している事になりますので注意が必要です。

しかしMNPキャンペーンでは機種代金一括0円にになっているケースが多く、スマートフォン本体が0円で手に入れる事ができます。

これだけでも月々に対する機種代金の支払いは無くなりますのでお得になります。

又、たとえ機種代金を負担しなければいけなくても、MNPですと機種変更した場合と比べて毎月の使用料からの割引が多くなる為、それだけでも負担は少なくなります。

ですので手っ取り早く毎月の負担を減らしたいのであればMNPで他社に乗り換えるのが一番おすすめといえます。

(NNHさん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。




SIMフリーの格安スマホで携帯代を節約しています。

スマホを新しく買う時に大手キャリアに出かけ、店員さんに言われるがままに契約をすると、今までより携帯代が高くなることはよくあります。

どこの大手キャリアも次々とプランを変更して携帯を買い替えようとすると、従来のプランが使えないことが当たり前になってきました。

その中でもスマホはネットを多く利用する人が使うのでデータ容量が大きいプランを組まざるを得ないです。

そのデータプランが携帯料金の重きを占めてると思います。

そこで、スマホの場合はSIMフリーの格安スマホを手に入れて、パケット定額にしないこと。

大手キャリアのスマホは無料通話のプランを組まされるので、あまり電話をしない人に取ったらもったいないです。

電話はかけた分だけにするのも節約になると思います。

また、家にネットを引いていたら、WiFiを利用してネットをつなげば、かなりの節約になると思います。

ワイマックスなどのポケットWiFiを利用すると機種によっては通信速度が遅くなる可能性もあるので、下調べしてから契約することを忘れないようにした方がいいです。

ポケットWiFiも携帯キャリアと同じで2年の契約しばりがある場合がほとんどです。

私は失敗したので通信速度は必ず確認してください。

また、無駄なオプションは外します。

スマホの場合、無料のアプリがたくさんあるのでオプションに代替できるアプリが探せばあると思います。

家族がいる場合は、統一のキャリアにして家族割りなどを上手に利用しましょう。

(鳥取県 こむぎさん)

>>ポケットwifiの申し込みはこちら