フリーWIFIを使って通信量を節約しています。

スマートフォンの本体の値段は近年あがってきていますよね

それに伴い、基本料金は安くなりますが、

本体の値段が高い分毎月の値段は高くなる一方のような気がします。

毎月の値段が高くなるということは

スマートフォンがより便利になっているからなんです。

もし便利ではなかったら毎月の基本料金は安くなっているでしょう。

また機種変更の際などはなるべくキャンペーンを利用しましょう!

よく家電量販店さんなどでやってるキャンペーンを目にするとよいでしょう!

上手く家電量販店さんのキャペーンに乗っかることができると

毎月の料金に本体料金が上乗せされずに

通信料などの料金だけになります。

また有名なキャリアなどではなく

SIMカードを使ったスマートフォンもお得になります。

SIMカードとは

小さなカードをスマートフォンに刺すことによって

通常のスマートフォンのように通信また通信と通話が使えるようになります。

注意点はキャリアのスマートフォンだとSIMカードが利用出来ないことです。

SIMカード専用のスマートフォンを購入するため初期費用はかかってしまいますが、

毎月の料金は5000円以上はお安くなると思います。

次に通信に関してですが、

昔は速度制限などはなかったですよね。

最近になって速度制限というものが生まれてきています。

これはインターネットでみれるものがより高画質になったため起こりうることなんです。

ですので、この速度制限を逃れるために

GB数を上げて毎月の料金を上げている人がいると思います。

ですがそれは無意味なことでしょう!

現在は東京オリンピックに向けてどこでもフリーWIFIが飛ぶようになります。

つまりどこでもインターネットが使えるようになるということです。

スマートフォンのインターネットを見れるGB数を減らして

フリーWIFIを使うようにしましょ。

ただWIFIが飛んでいないところもあります。

ですので不便性は上がってしまいますね。

(千葉県 きりんさん)




やはり格安スマホを使ってスマホ代を節約しています。

やはり、節約をするのであれば格安スマホを使用するのが一番です。

私はスマートフォンを2台持っており、プライベート用と仕事用と分けて使用しております。

理由は簡単で、分けておいた方が、応対をするときに公私混同しないからです。

プライベート用のやつはアクウォス6のLTE対応の最新ではありませんが、auで今主流になっているスマートフォンを使わせて頂いています。

肝心の仕事用なのですが、最近購入したばかりで、格安と呼ばれるスマートフォンを使用しております。

最初はガラケーと呼ばれるパカパカ携帯を購入しようと思っていましたが、今ではスマートフォンの方が圧倒的に使い慣れてしまったのかガラケーのボタンなどを的確に押すことができないことが、店舗のサンプル携帯使用してわかったので、リーズナブルで有名な格安スマホを買うことに決定しました。

格安SIMはauが主体でau会員の私はすぐに購入をすることができました。

種類はドコモと比較すると圧倒的に少ないですが、私の場合はあくまで、仕事用で、スマホ操作の携帯をさがしたいだけなので、種類や性能にはあまりこだわっておりません。

肝心のプランではありますが、mineoとよばれる「らくSIM」がテーマのプランにはいっており、月額の基本が918円で済むようになっています。

後、私が契約しているスマホの項目を抜粋していきくと以下のようになります。

制限時速度→「200kbps」・制限解除オプション100MB=162円・通信規制条件→なし、初期費用→3240円、最低利用期間→一年
SIM枚数→1枚、あとIP電話サービスの「LaLa Call」の月額基本使用料が無料になる、などがあります。

以上が私が使用している格安スマホの概要となります。

最後に感想を言わせて頂きますと正直、この格安スマホを発見した時は本当におどろきました。

3、4年前まではアンドロイドの初期がauから発売され、auユーザーも絶賛していて、機種自体は約6万円かかったのが、現代ではそれ以上の性能をもっていて、初期費用や月額などを合わせても、月々訳3000円から5000円で、済むようになっています。

信じられない時代ですよね。

(くろっち 大阪府さん)




格安スマホや無料のWi-Fiを活用してスマホ代を節約しています。

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

生活の中でかかせないものとしてすっかり定着したスマホですが、その料金が高過ぎると話題になっています。

国の方針で来年から大手キャリア3社は値下げの方向へ動くと言われていますが、果たして上手くいくのでしょうか。

国の方針でスマホ料金が下がるのであれば、それはそれで素晴らしいことなのですが、恐らく結果が出るのは少し先でしょう。

何とか自己努力でスマホの料金を下げる方法はないものでしょうか。

一番手っ取り早いのは格安スマホにするということでしょう。

ドコモやソフトバンク、auなどのキャリアを使わずに、SIMフリーの端末を用意して、格安SIMを利用すると一気に月々の使用料が下がるでしょう。

しかしこの方法、少し格安スマホについて詳しくないと手続きが難しかったりしますし、現在の契約内容によっては違約金がかなり必要となるケースもあります。

現在利用している会社を変更せずにスマホの通信料金を少しでも下げたいという人にオススメなのが、Wi-Fi環境を使い倒すということです。

多くのキャリアではデータ通信量が少なめの人向けのプランを用意していますので、このプランに契約を変更し、基本料金を下げるのです。

でも、そんな契約ではあっと言う間に通信量の上限を超えてしまうという人がいるかもしれません。

そんな人はWi-Fiをとことん利用すると良いのです。

昨今は商業施設内などで無料で利用できるWi-Fi環境が用意されているところが多くなってきました。

代表例としてはセブンイレブンなどです。

この無料のWi-Fi環境内で、データ使用量が多い用事を済ませてしまうのです。

例えば画像のアップロードや、動画のダウンロードなどです。

画像の多いサイトなども、このようなWi-Fi環境下で読み込んでしまうと良いでしょう。

その他メールやメッセージのやり取りでは、それほど多くのパケットを使用することもありませんので、データ通信の上限が低いプランでも問題はないでしょう。

スマホの通信料金を下げるには、なるべく無料のWi-Fiに繋げるのが有効な手段なのです。

(北海道 犬さん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。




スマホのデータ通信料の抑え方

毎月膨大な料金がかかってしまっている人の大半はインターネットの使い過ぎであると思われます。

月の通信料が例えば7GB制限などを超えた場合は従量課金で追加のパケット代を払っているものと思われます。

そうしなければ余りにも通信速度が遅くなってしまうからです。

そのような人は回線業者と無線の契約をし、自宅ではその無線を使ってインターネットをするようにして下さい。

最も料金の低いプランで構いません。

月額料金がかかるため抵抗があるかもしれませんが、スマホのパケット通信のために細かくお金を払ってしまうよりも結果的には安く済むはずです。

これでも、自宅以外の無線が無い状況ではパケット通信を使うことになりますので、無線を契約した次の月ぐらいまでには、一か月でどの程度のパケットを消費するようになったのかを調べてください。

そして可能であれば、月額プランのパケット上限量を減らし月額料金を抑えて下さい。

ただし在宅業務の方などで、パケットを全く消費しなくなった場合でも上限を0GBにするのは避けてください。

例えば通話や、SMS通信などは無線では行えないからです。

必ず上限1GB以上は残しましょう。

月々によってデータ上限を超えるときも超えないときもあるという方は、スマホの機種によっては存在する「データセーバー機能」(異なる名称の場合もあります)を使ってみてください。

この機能がオンになっているとページへアクセスする前にデータを自動的に圧縮してくれるので、通信料を抑えることができます。

ただしアプリケーションのダウンロードなどが一部できなくなる可能性があるので、必要に応じてオフにするようにして下さい。

最後になりますが「動画を観るとすぐにデータ上限に達してしまう」という認識を持っている人は多いかもしれませんが、画像であっても容量の大きなページを見続ければあっという間に達してしまいますので、注意が必要です。

こういった場合もやはり無線契約を結ぶことが無難です。

(長野県 フランベさん)




得するスマホ料金節約方法はスマホとガラケーの2台持ちです。

日本のスマホ料金は海外と比べると3倍以上の料金で、政府も値下げを要請するくらい高額です。

スマホ料金を節約したい方が多いので、マル秘節約術をお教えします。

まずはじめにスマホ料金のほとんどは「通話+通信+割賦」で構成されているのですが、ここで問題なのが「通話+通信」料金です。

最近でこそ通話料金は”定額制”が主流となってきましたが、実はこの「通話+通信」をセットにすると料金が高くなります。

これはあくまで通話・通信の量が多い方を対象としていますが、このような方にはスマホとガラケーの2台持ちをオススメします。

スマホとガラケーの2台持ちの特徴は、ガラケーを通話専用として、スマホを通信専用として使用することで安くする方法です。ガラケーはかけ放題のみを契約します。料金は約2,200円程度なので格安になります。

スマホはアマゾンや電気量販店で販売されているSIMフリーのものを購入し、インターネットでSIM契約をすればだいたい3GBで900円程度なので、ガラケーとあわせても3,000円程度で済みます。

スマホはキャリアで契約すると基本使用料も発生するので、通話が多くて通信があまり多くない方にはこの方法がオススメです。

もし仮に通信料が多いという方も、キャリアスマホのみを持つよりも、ガラケーとスマホの2台持ちをオススメします。

なぜなら、最近知名度が上がってきた”格安スマホ”や”格安SIM”といわれる「MVNO」は、キャリア料金よりも月々2,000円~3,000円が安くなります。

したがって、契約する内容によっても変わりますが、年間通して最大6万円も節約できることになります。

ただし、このMVNOサービスを使用するには、機種が限定されるなどの制約もあるので、MVNOサービスを契約する前に、使用できる機種やキャリアを確認してから始めましょう。

スマホ料金を安くするためには、手間がかかりますし、使用感もキャリアスマホと比べると程度は低くなります。なので、本当にスマホ料金だけを徹底して節約したいという方だけにオススメします。

(兵庫県 よっしーさん)




格安スマホに携帯会社を変えてスマホ代を節約しました。

私は携帯をスマホに買えてから、月々の料金に悩むようになってしました。

スマホはとても便利で、今となってはなくてはならないものだなぁと思っています。

便利でスマホをよく使っているので、料金が高くてもしかたがないと我慢して使用していました。

ですが、旦那のスマホの料金と合わせて、月々に1万5000円くらいの出費になっていて、私はもっとスマホを安くお得に使えないかなぁと思っていました。

更に子どもが大きくなったら、これに追加してスマホ料金もかかるので、これは何とかして料金を下げたいと思いました。

私は格安スマホというものが気になっていて、調べたりしていました。

今はまだ使用している人も少ないかもしれないですが、料金をみるととても安いなぁと思ってしまいました。

使えるデータや容量などもそんなに変わらなくて、格安スマホに変えるだけで月々の料金が半額ほどになるので、びっくりしました。

とりあえず、旦那だけ格安スマホに変えてみることにしました。

契約をして使っていますが、今まで使っていたスマホみたいに使えて、何も不自由なく使えています。

それで料金がグンと安くなったので、本当にお得なんだなぁと思いました。

格安スマホでなくても、携帯会社を変えると今はとてもお得なシステムになっています

ずっと同じ携帯会社を使うよりも、違う携帯会社に変えてみるのも、とてもお得な方法だなぁと思いました。

携帯会社を変えると還元してくれる金額も多いですし、さまざまなキャンペーンもやっています。

そのようなときを狙って携帯会社を思い切って変えてみるのも、スマホ料金の節約になると感じました。

スマホは毎日使うものですし、毎月料金を払っていくものなので、尚更お得に料金を払いたいなぁと思いました。

(茨城県、ゆうりさん)




スマホ料金を節約するためにカケホーダイプランに変更しました。

スマホ料金を高いと思っている人が結構多いようです。

気づけば、今月のスマホ料金が1万円超えていたなんてことも、よくある話です。

もっと安くならないかななんて思う人がほとんどでしょう。

実は、スマホ料金を今よりも安くするコツがいくつかあるのです。

まずは、通話料金を安くする方法です。

スマホ料金が一気にハネ上がる原因となるのが通話料金です。

最初の通話料金をついつい安い契約プランにしがちですが、よく通話利用をする人なら、カケホーダイプランに契約を変更した方がお得です。

このプランなら、どれだけ通話時間が長くなっても一定の料金の支払いで済みます。

毎月50分以上の通話をする人なら、確実にこちらのかけ放題プランの方が安く済みます。

ただ、通話料金に関しては、確実に料金を節約できる方法があります。

それは、IP電話である「LINE」や「Skype」を利用する方法です。

スマホ同士であり、なおかつお互いLINEやSkypeをダウンロードしているのであれば、こちらを利用すれば無料で通話することができます。

ただIP電話の特性として、通話の不安定さがあることは知っておきましょう。

この他、割引サービスを最大限利用することも大切です。

割引サービスには、家族割引などがあります。

折角利用できる割引があるのに使わないのは損です。

自分では気づかないお得な割引サービスがあったりするので、携帯ショップで相談してみるのもオススメです。

あと、データ通信料を適切な契約プランに設定しておくことも大切です。

通話異常にデータ通信料を使っている人も多いことでしょう。

ただ実際、自分がどれだけのデータ通信を行っているか把握している人も少ないと思います。

そのため、自分の使い方に合っていない料金プランを選択してしまうと、大きく損をしてしまう場合もあるのです。

月々の明細書で使用したデータ通信量を確認することができますので、それに合わせてプランを変更することも、料金の節約に繋がります。

(愛知県 そらみみさん)




プラン変更で無駄なスマホ料金を減らしました。

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

携帯料金を安くするためには、まず自分がどんなプランに加入しているかを判断しましょう。

スマホの場合で通話料が高い人は、かけ放題プランがおススメです。

従前の2700円でかけ放題なプランと、1700円のかけ放題ライトの2パターンが選べます。

長時間の通話が多い方はかけ放題、短時間だけど回数の良い方はかけ放題ライトがおススメです。

目安として月に40分以上通話をする人は、どちらかのプランにした方がお得になってきます。

それももったいないと言う人は、無料の通話アプリを使うのもありです。

若干通話の音質、エリアなどは劣りますが、それなりに通話は出来ます。

仕事ではそうもいきませんが、友達と話すくらいなら無料通話アプリでも良いかもしれません。

もっと安くしたい人は、通信のプランを変更するのもありです。

大手3社は、通信プランを3GBからクラス別に設定をしています。

そこまで毎月使っていないなら、通信プランを下げると良いでしょう。

スマホ利用者の平均が1.98GBというデータもあるので、一番下のプランでも良い人が多いと思います。

auの場合は2GBのプランもありますが、かけ放題ライトなどのプランと併用が出来ないので注意しましょう。

それ以上に安くしたい場合は、MVNOに変更してみると良いでしょう。

あまり通信しない人には、これで十分な場合も多いです。

一度自分の通信状況を把握してみると良いです。

後、不要なオプションを切る事も重要です。

加入時に勧められて、そのまま入ったままになっているオプションなどがないか一度調べてみる事をおススメします。

(鳥取県 くるみさん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。




ソフトバンクのプリペイド携帯に変えてスマホ代を安くしました。

>>ソフトバンクのプリペイド携帯の購入はこちら

プリペイド携帯が安いです。

今、プリペイド携帯は、ガラケーからスマホまでいろいろなものがあります。

プリペイド携帯のスマホでも、月に5千円程度で使うことができるものもあります。

私のオススメはソフトバンクのプリペイド携帯です。

理由は、単純。

ソフトバンクのプリペイド携帯は本体も安くて、毎月の料金も安いからです。

仕事用だとか、例えばネットオークション用とかの取引用として二台目の携帯を持ちたいというときにもオススメです。

私自身も二台目は、ソフトバンクのガラケーのプリペイド携帯を使っています。

とにかく安くて助かります。

私が使っているガラケーソフトバンクプリペイド携帯は、002Pで、本体が9000円くらいのものです。

最初は、4000円分の無料チャージがついているのでお得です。

利用方法ですが、2ヶ月に一度、チャージをしていきます。

3000円分のチャージと5000円分のチャージの二種類があり、安く済ませたいのであれば、実質2ヶ月で3000円の料金で済ませることができます。

つまり、月額1500円で済んでいるという、すごい携帯です。

3000円分使ってしまって、足りなくなった場合には、その都度ソフトバンクのショップかセブンイレブンで購入します。

セブンイレブンはソフトバンクのプリペイド携帯のチャージを取り扱っているので、便利です。

月額300円の定額でメールもし放題で、パケット代は関係ありません。

とにかく安く済ませたい、という人に向いているのがソフトバンクのプリペイド携帯です。

この安さでワンセグもついています。

(岩手県 さ組さん)

>>ソフトバンクのプリペイド携帯の購入はこちら







スマホからガラケーに変えて携帯代を安くしました。

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

携帯代を安くする方法は多くありますが、一番無難な方法はスマホなどを使用している人はガラケーに変えるべきですね。

これだけでパケット代がかなり節約になります。

またスマホをどうしても必要な人は今はやりの格安SIMに乗り換えるが一番ではないかと思います。

ガラケーほど通信費がかかないものは無いかと思われますがスマホよりは料金が下がるはずですね。

いわゆる2台モチが無難な選択になるのではないかと思いますね。

また通話はガラケーで調べものなどはスマホでと分けることで高いパケットを抑えることが可能です、ガラケーで話しながらスマホで調べものなどで着たりするのもいいですね。

通信会社の高い料金はやはりパケット代が大きくあまりスマホなど使わない人なども同じ料金ですのであまり使ってない人ならこのガラケーに替えるだけで大きく料金が下がると思います。

でも気をつけてほしいことはガラケーはあまり種類がないことです。

別に新品でなくてもいいという人は中古のガラケーが格安で売っていますので端末だけをそろえてお店に持って行くだけで変更してもらえますのですこしめんどうですが面倒な分だけ料金が下がるのはうれしい限りです。

通話をあまりしない人向けでスマホやよく使う人のプランです。

でも使うスマホやドコモなどに限られますのが難点ですがドコモの人ならばそのまま格安が使えるのでお得ですね、ちなみにAUも限られますがありますねのでスマホをどこまで妥協できるかによります。

(福岡県、あっきーさんさん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。