家にネット回線がある人はスマホ代がお得に

今の時代携帯を買うならスマホが当たり前で、家にネット回線がある人の方が少ないのかなぁと思うのは携帯ショップのお姉さんから聞いた話です。

必ずあるのもではないですから、と言われてそう思いました。

そんな話になったのも私がスマホ代を節約出来ないかと思いショップに話を聞きに行ったことがきっかけです。

夫婦で2台スマホ契約をしていて月1万7千円。

スマホなら普通かもしれませんが、我が家的には結構な金額。

見直しもしたいなと思って話を聞くとネット回線ご自宅はありますか?でした。

我が家はネット回線を持っていなくて、パソコンを使う仕事をしている訳でもないので必要のないものでした。

でもよく聞くと工事費も無料、更にスマホ代も安くなると。

でも私は家にないと言ったので、この機会にと勧誘されるのかと思いつつもなくて安心しました。

話はネット回線をその提携している会社に変えればスマホ代が月々1480円1台に月安くなり、この特典は1年だけでも翌年からは500円この携帯会社を使っていてスマホなら安くなるとの事でした。

でもないものはないですし、我が家の条件に合わなかったので聞くだけ聞いて更に通話料が最近多いとの事でプラン変更して帰りましたが、貰ってきたパンフレットを見ると更にお得になる事が書いてありました。

パソコンのネット回線を使い家全体を無線状態に出来るルーターがあると。

普通無線ルーターは月々使用料金がかかるのですが、それはレンタルで500円、普通の無線ルーターが大体5千円かかるのですごく安いのです。

それを使えば家で無線でネットを使えば通信費はかからずとも思えましたが、そもそものネット回線がないのでやはり我が家には無理でした。

無線ルーターも考えましたが、旦那はどこでもかしこでもすぐネットを見るので1台契約だと私が使えず結果我が家には向かないと思いました。

少しの節約ならプラン見直しがいいと思いますが、大幅の節約ならパソコンのネット回線ある方なら出来ると思います。

一度ショップに話を聞きに行ってもいいかもしれません。

(愛知県 ゆーママさん)




スマートフォンの費用の抑え方

スマートフォンは誰でも持っているようなアイテムになりました。

それたけモバイルインターネットが便利で身近な存在になったのも事実です。

しかし、悩みと言えばつきづきの料金が高いこと。

しかも、データ制限量の上限枠があって、それを超えると翌月まで通信スピードが極端に遅くなってしまうことも辛いところです。

費用を安く抑える方法がないものかと色々な方法や仕組みが出てきているのが最近の動きです。

まずは、格安SIM。

これはMVNOという会社が普通のスマートフォンよりも月々の費用を安くしSIMフリーのサービスを提供しているものです。

これだと月額2000円~3000円と言ったレベルで使うことができます。

中には1000円代という所もある程です。

しかし、データ上限枠がより抑えられていることが多いので、使い方の工夫が必要です。

代替としてWifiを使うということがテクニックです。

自宅では、インターネット回線を無線化してのWifi利用。

外でも地下鉄や駅、レストラン、喫茶店等でも公衆Wifiが設備されている所が増えているので、これを使うことにします。

有料の公衆Wifiでも月額数百円という点が魅力です。

あるプロバイダーでは、通信スピードが3Mbps程度で使い放題というサービスもあります。

月額がとても安く3000円で収まるのも選択肢の1つかもれません。

他にはWIMAXとの併用です。

スマートフォンのLTEをやめて、月額が安いWIMAXのモバイルルーターに繋いで使うという人も増えてきています。
こういった方法がいくつがあるのです。

より抑えたいという場合は、完全にWifiのみで使うという方法。

先程の自宅でも外の公衆Wifiだけで使うことに絞るだけで数百円で済ますこともできるはずです。

スマートフォンの費用を見直す時は、いくつかの節約パターンがありますので、自分の使い方に合わせた選択を検討することが必要です。

(神奈川県、トールマンさん)




他社への乗り換えに格安SIM、スマホ費用を抑えるためには有効な手段です。

スマホの料金て本当に高いですよね。

機種代も分割で支払ったりしていると1人辺りの月額が1万円を超える。

そんなこともあり得ます。

スマホの料金をなるべく抑えたい、そう思うなら一番簡単なのは乗り換えです。

現在使っている電話会社から違う電話会社へ移るために、使っていた電話会社のアドレスは使えなくなります。

ですが電話番号は変わらず使うことが出来ますし、LINEや電話会社から与えられたアドレスと違うモノを使っていれば影響はあまりありません。

そして、乗り換えを行う手間は思ったほどではありません。

現在使っている電話会社に連絡を取り、乗り換え番号を貰えば後は簡単です。

それを持って乗り換えたい電話会社のスマホを取り扱っているお店に行きます。

後は通常の新規契約を行う様に手続きをするだけです。

本体代の割引や月額の割引などが行われ、これだけで毎月数千円の節約が可能となります。

ただこの値引きは2年など期間限定なので定期的な乗り換えが必要になります。

さらに費用を抑えたいなら格安SIMへの乗り換えをオススメします。

以前なら月に出来る通信量が電話会社の提供しているサービスに比べて低かったりしたため使いにくいイメージがありましたが、現在はそれらの電話会社も月の通信量に応じて利用料を選択する様になっていますので大差はありません。

月に4ギガの通信が行え、音声通話が行えるモノでも2千円代で済む場合が置いので料金はかなり格安です。

ただ、大手の電話会社は電話は掛け放題となっている場合が多いのですが、格安SIMは通話料金は定額ではありません。

なので日頃から電話をよく掛ける方の場合、割安感はあまり無いかも知れません。

格安SIMを利用するにはSIMフリーのスマホが必要だったりもしますが、対応するスマホをセットで提供している会社も多くあります。

その場合でも月に2ギガ程度の通信が出来て、月額は3000円程度など電話会社との契約とは比べ物にならない低料金です。

他の電話会社への乗り換えや格安SIMの利用。

ちょっとした手間は必要ですが、スマホの料金を抑えるには有効な手段です。

(岡山 たまご三)




スマホ代月額440円 激安でスマホを持つ方法

月額440円でスマホを持つ方法があります。



しがし、激安がゆえにデメリットはもちろんあります。



先に申しておきますが、通信速度が遅いことです。



通信速度が200Kbpsしかありません。



それでも良いと言う方に440円でスマホを持つ方法を伝授します。



まず、simフリーの端末を利用します。



simフリーの白ロム端末であれば、中古ショップなどで、2.3万円もあれば購入可能です。



個人的にはdocomoのsimフリー端末をおススメします。



次に、月額440円にする最大の理由。



プロバイダ選びです。



DMMモバイルのライトプランこれが月額440円の一番安い激安プロバイダです。



※初期費用として3150円かかります。



月額440円にも関わらず、定額使い放題のプランです。



ただ、激安がゆえの最大のデメリット200kbpsの通信速度です。



その上、3日間の通話量が366MBを越えた場合はさらに低速になるそうです。



(数値は公開していないそうです。)



プロバイダ契約だけで、電話はどうするの?



といった疑問をもった方がいらっしゃると思います。



今回のプロバイダ契約とは、MVNOサービスというもので、音声通話がスマホの電話SIM以外では使えません。



電話が使えないと意味がない。



という方もいらっしゃると思います。



もちろん、音声通話は可能です。



方法としては、Skypeを使う他にIP電話サービスを利用するといった方法があります。



IP電話サービスってなに?と思われると思うので、説明します。



データ通信用の回線を使って音声通話するといった方法です。



スマホのIP電話サービスにはIP-PHONE SMARTと050plusといったものがあります。



一度、耳にされたことはあるのではないでしょうか。



IP-Phone SMARTは月額無料で、提携のプロバイダは無料、国内固定・形態は30秒一律8.4円です。



こちらは、携帯にしかかけない人であればおすすめです。



逆に、固定電話のみにかける方へは050Plusをおススメします。



050Plusは月額315円かかるものの、固定電話へは3分8.4円とものすごい安さで使用出来ます。



電話代も含めて考えて選べば、かなりやすくスマホをもてるのではないでしょうか。

(大阪府  アトムさん)



とにかく一番安いのがほしい方はこれ。
↓↓↓↓↓↓








常に流行に敏感でいる事がスマホ料金の節約に繋がります

今やスマホは時代の最先端の産物と言って良い程、忙しい現代人が流行に乗って生活するには必要不可欠なライフラインになりつつあります。

しかし最近スマホに乗り換えてから、やけに請求金額が多くなったとか、月額1万円の時もあると悩んでいる人が多いのも事実です。

もし徹底的な節約方法でスマホを利用したいなら、月額0円でも契約できる手段もありますが、その場合は必要最小限の通話とSMSのみに頼った非常に制約されたルールが付きます。

1つ良い方法としては、一度自宅に無線LANのWifiを設置してしまえば、スマホに繋ぐ事で各キャリアで定額料金範囲での通信制限が付く7GB以上のパケット通信が快適に使用できるようになります。

そしてスマホ初心者が是非節約して目指したい月額料金モデルは3,000円台という数字で、既に3000円台で通話とパケット定額両方を上手く使いこなしている人は多数います。

少しでも3000円台の理想形に近付くには、極力通話しなくても良い事柄はメールやLINE等を活用して連絡し合うほうが節約に貢献してくれますし、ネットサーフィンなどのデータ通信を行うならタブレットを利用するのも1つの手です。

これだけでもグッと利用料金を縮小させる事は出来ますが、どうしても日常で電話を利用する用事が多い方は、通話手段として(LINE電話・050plus)等の通話アプリをダウンロードして、今の通話料を約半分以下に抑える事が可能ですし、ドコモの「掛け放題プラン」も利用価値があります。

また些細な事ですが、スマホユーザ―の中には万一の盗難・水没などのトラブルで機種が利用できなくなった場合に備えて、有料の補償サービスに加入している人も多いでしょう。

今は、どの大手キャリアでもワンコイン価格で補償プランは加入できるようですが、大した修理歴が無いにも拘わらず長年支払い続けていると、相当な金額の出費にもなり得ます。

こういった水没事故などの各種トラブルが起きる確率は現状低いと見てもいいので、平均3万円程度の纏まった修理代を即金で支払える能力があるならば、何度も携帯を紛失してしまう性質のある人以外は最初から加入しないのも有りです。

このようにスマホ料金は、取扱い販売店の相談窓口やネットの口コミ情報など客観的な視点で情報を集めるだけでも、幾らでも節約方法は見付かるものなので、切実に節約を考えている人は常に情報のアンテナを張り巡らしてみる事をお勧めします。

(大阪府 ゆっこさん)




キャリアを変えてスマホ代を節約しています。

スマホは今や生活には欠かせない道具の一つとなりました。

スマホ料金を節約したいのは誰でも同じです。

僕もそう思って調べたことがありました。

結果として大手キャリア3社どこでも利用料金に大差はありませんでした。

となると機種です。

機種は圧倒的にIPHONEが安いです。

しかもひとつ前の機種、いまならIPHONE5Sにしたら安いです。

機種は1つ前でもスペック的に十分です。

僕はそれを選択して、キャリアを変える選択を選びました。

2年ごとに変えるつもりなら安いです。

解約料金を踏まえてもペイしますし、半年分くらい無料になります。

機種代もかからず、負債として残る事もないです。

電話だけのひとならスマホはやめてガラケーとIPADって選択肢もあるんですけどね。

通信料は最も安いプランにしてます。

街中だとフリーのWIFIがあるので、通信には困りません。

重要なやりとりなら家のネットでするし、よほど緊急でネットバンクを使う時は、普通に通信すればよいと思うとベースは下げられます。アプリはあまり入れないというのも節約につながります。

大半のアプリは無料でありついついDLしがちですが本当に必要なアプリはほとんどありません。

現在大手3社が独占的に市場を占めている以上、大きな節約にはつなげるのは難しいですが、ベースを見直すことで、出費を抑える事が出来、結果的に利用料金をわずかですが下げる事が、積もり積もって大きな差になると思います。

最新で快適なモバイルライフを必要としない、ほとほどっていうのがキーだと思います。

あとは3月は狙い目です。

キャンペーンが一番強く押し出されて、僕は結局IPHONE5Sに4Sから変えて、その時6が出るうわさはあったのですが、結果としてNMPして、キャッシュバックを受けて、前の会社の解約料や事務手数料を引いても、十分に余ったのですが、5月にはそんなキャンペーンはなくなってしまったのを覚えています。

現在はソフトバンクですが、また変える気です。

ポイントはすべてTポイントにしてます。

わずかなポイントですが、それも2年後には不要になるなら、汎用性の高いポイントにしてます。

また、安全、安心の保障には入りません。

月500円ですが2年で12000円。

万一紛失したり壊したら解約すればいいと思えば、その料金は不要だと思います。

大きな目線で見たら、節約は出来ると思います。

(青森県青森市  森の夜さん)




格安SIMと契約してスマホの料金を節約しています。

現在私がスマホにかけているお金は、本体の分割金も合わせて月々8千円から9千円です。

自分でも非常に高いと思っています。

そこで、このランニングコストをどうにかして節約出来ないか、ずっと考えていました。

まず、自分のスマホ使用の割り当てを算出します。

私の場合は、データ通信は月3GBもいかないのと、通話はほとんどしないという感じなのですが、データ通信を節約しようと、通信料を選択出来るコースに変更しようとすると、もれなく電話かけ放題コースがついてきます。

この電話かけ放題コースがネックで、これのおかげで基本使用料が3倍程度に跳ね上がります。

これでは折角データ通信量を選んで少なくし、データ通信の月額を減らしたところで、意味がありません。

今日本で有名で大きいキャリアでは、どこを選んでも基本同じような値段になります。

だったらいっそのこと、そのキャリアをやめてしまえばいいのではないかと考えました。

そこで活躍してくれるのが、格安SIMとSIMフリースマホです。

キャリアが扱うスマホを購入すると、最低でも6万円くらい取られてしまうので、携帯電話専用ショップをネットで探して、安いスマホを見つけました。

2万弱でSIMフリーです。

後は格安SIMですが、MNPを使用出来て、通話とデータ通信4GBついて、月々2千円ちょっとでいけるのです。

これでランニングコストが今までの四分の一程度になります。

今の形態事情だと、ほとんどの人が日本三大キャリアで契約していると思いますが、そこを離れる事を頭に置けば、安くする方法はいくらでもあります。

ポケットwifiを利用して、タブレットも併用するというやり方もありますし、キャリアから離れたくなければ、データ通信コースを見直すという手もあります。

私としては、キャリアを離れて、格安SIMと契約するのをおすすめします。

(愛知県・かずやさん)




高水準な品質で使いやすいソネットのスマホ

格安スマホと聞けば、最低限の機能と通信とイメージしてしまいますが、ソネットのスマホは一線を置いています。

まずは本体スペックが違います。

動画やネット閲覧には全く差し支えないレベルになっています。

画面はHDですので、綺麗な描写で問題といってもメモリが1GBですが、3Dゲームを行うといった事でなければ問題ありませんし、それ以上の場合はハイスペックと呼ばれる6万以上を選択しなければいけませんので、ライトユーザーにとっては問題にならないレベルです。

HDとなっていますのでメモリが足りない場合もこのグラフィックメモリが補ってくれるので動作としても不満を感じることは少ないと思います。

通信に関しては高速通信が1.5GBとなっておりますが、自宅ではwifiを使えば1GB以内で収まることが多いと思います。

隙間時間にゲームや動画を見てしまうとすぐに上限に達してしまいますので節約するか、使わないといった方法を身に着けることが必要ですが、毎日ずっと触っているという使用方法でなければ通信が遅くなるということはあまりありません。

大人であれば問題ありませんが、友達同士でスマホを使って遊ぶ場合では不満に感じることもあるかもしれません。

月額2480円済みますので、費用とのトレードとして考えれば丁度良い設定になっているかと思います。

唯一の難点としてはデザインが無難になっているので、見た目が気に入らなければケースを別途購入してつけるという必要があります。

使いやすく、画面も綺麗なので読みやすいですが、ヘビーに使うにはちょっと物足りない。

検索や合間に動画を見るといった程度であれば十分に活用できるコストパフォーマンに優れたスマホと呼べます。

(神奈川県 けいごさん)






ソネットから月額がとってもお安いスマホが登場?!

とってもお得なスマホが発売されたと話題になっています。

そのスマホがソネットのスマホです。

このスマホ利用料金が格安です。

通話もネットもできるのに、なんと月額2480円という驚きの安さです。

この料金には、端末代金の分割分も含まれているので、端末代金の支払いが完了したあとは、月額料金がさらに安くなります。

今スマホの利用料金は、各社で平均してみて6000円~8000円くらいの月額利用料が発生している人が多いと思います。

それが2480円ですから、月々4000円くらいは浮いてくるわけです。

そうなると気になるのが、データ通信料のスピードですが、スピードもちょうど良い速さで対応しているというので、非常に魅力的です。

でも、それだと一体どこで安くしているのだろうと疑問に思うと思います。

SO-netのスマホは、極力シンプルに構成することで安さを実現していると紹介されていました。

月間のデータ容量は1,5GBで通信速度は150Mbpsです。他社との比較でも差がないことが分かります。

そして嬉しいのがセキュリティーサービスを無料で利用できるということです。

スマホで色々なデータのやり取りをする人には、セキュリティーはかなり重視する部分ですからこの無料サービスはありがたいです。

端末の大きさもちょうど良いと好評のようです。使いやすさと充実のサービスを提供してくれるスマホと言えます。

中には、容量が1,5では足りない!という人も、いるようですが、Wi-Fiを繋げて工夫するなどすれば、本当にお得に使うことができるようです。

詳しいことは公式サイトで確認してみてください。

(大阪府 みるくさん)






ソネットのAscend(アセンド)はブランド力、料金共に超越したサービスです

最初に明らかにしておくべき事は、ソネットのAscend(アセンド)は時代を超越したスペックと料金バランスを持っているという点です。

その素晴らしさを理解する為には、まずスマホの欠点を知る事が重要です。

多くの方が普段使っているスマートフォン。

いわゆるスマホは非常に便利なツールですが、料金システムが携帯電話以上に複雑な上によくわからないオプションサービスで高額になりがちです。

大手各社は様々なキャンペーンを打ち出しますが、月額使用料で稼ぐという自社の欲望に勝つ事はできず維持費が高いという欠点から抜け出せませんでした。

また、近年では料金が安い企業もいくつか名乗りを上げていますが、聞いたことのない途上国企業のサービスであったりと信頼性に不安を感じる面は否めない現実があったのです。

ですが、ソネットは国産大手ブランドであるソニーの子会社が運営している企業である為に、非常に安心感がある点が長所です。

そして、その最大の長所は驚異的な月額使用量です。

通話とネットを使えるソネットモバイルLTEスマホセットプランでは、月2480円と非常にリーズナブルです。

競合他社の月額使用量6000円超というコストと比較すると半額以下という脅威のコストパフォーマンスを誇っています。

また、1Gという通信容量に不満を感じる方には4980円で通信制限ナシというプランを選択できる点と、無料でセキュリティ無料のオプションサービスがついてくる点からサービス面も非常に充実していると言えます。

Ascend本体は、画面比率が非常に大きくクリアな画質を実現できる点に加えて、最新CPUを搭載している為に、快適な運用が可能となっています。

以上の点から、ソネットのスマホサービスは他社よりも非常に優れたものだと強くオススメできる商品です。

(長野県 年収2000円農家さん)