キャリアを辞めてWi-Fiで運用をしてスマホ代を節約しています。

今のスマホが2年になったのでキャリアを辞めました。

Wi-Fiで運用する事にしました。

通話がなくなるので、困っていたら、父親のソフトバンクのガラケーが福祉割引で基本料無料になりました。

父親のガラケーを母親に使わせる事にして、母親のガラケーを私が使うようにしました。

母親のガラケーは元々私がスマホに機種変する前に使っていたもので、キャリアはドコモです。

なので、スマホのキャリアをなくしても良くなり、ガラケーの基本料金は母親が払っているので、お得です。

ガラケーの料金をG-Callに登録してプレフィックスにしてるので、半額でかけれます。

通話料の請求は私に来るようにしています。

この間、ドコモの料金表を見たら、無料通話が3500円ありました。

あっ、無料通話使えば良いんだと、久しぶりのガラケーなんで無料通話の事すっかり忘れてました。

しかし、ナビダイヤルは無料通話の対象外だという事を最近知り、ショックです。

なので、前はスマホとイーモバイルのWi-Fiで8,000円~だったのが、Wi-Fiだけになったので、スマホ料金4,000円です。

Wi-Fi1本化にしたもう一つの理由は、父親が入院し、家でインターネットを使わなくなったので、キャリアを辞めれました。

しかし、キャリアを辞めるタイミングがわからなく、結局は2ヶ月くらいはスマホが6,000円でした。

その後は、4,000円で納まってます。

この方法が、私も母親も両方お得で、今のスマホが壊れたらY-mobileにします。

(北海道 ともちんさん)




格安スマホ会社へのMNPをして通話代を節約しています。

スマートフォンの料金見直しにはいくつか方法があります。

キャリアを変えないのであれば、プランの見直しです。

今の大手キャリアのプランであればデータ通信の利用上限でプランが変わってきます。

自身のデータ利用を調べて、一つでも少ないプランに変更しましょう。

そして、その減らした分は自宅のWiFiだけではなく駅や公共施設、飲食店の無料WiFiを利用することで賄う習慣を付ければ毎月の利用料金はコストダウンできます。

音声通話についても通話放題をプランにしている方は毎月の通話時間を計算して通話放題から従量課金に変更してみればコストダウンを図ることができます。

次にご自身の利用しているスマートフォンがSIMフリー対応である場合です。

これは抜本的にコストを改善できる可能性があります。それは格安スマホ会社へのMNPです。

一番大きな違いは通話放題がベースの大手通信キャリアとは違い、データ通信利用がベースになっている点です。

このデータ通信の利用上限も3GB、5GB、7GBと細かく分かれていますので自身のデータ利用を踏まえて検討してみてはいかがでしょうか。

仮にデータ通信だけの契約でいいのであれば、SIMカードとデータ通信の契約だけになるのでイニシャルのコストもかなり抑えることが可能です。

端末の購入代金がかかってこないからです。

現状のキャリアを継続しながらのコストダウンと現状の端末を継続して格安スマホ会社を利用してのコストダウンの両面をご紹介しました。

(兵庫県 timtamさん)




格安SIMでスマホ料金を最小限に抑えています。

ガラケー時代に比べてスマートフォンの料金は確実に上がっています。

平均すると1万円前後といった方が多いのではないでしょうか。

できる事ならスマホ料金での出費は最小限に抑えたいですよね。

そこで今回オススメするのが「格安SIM」です。

格安SIMというのはBIGLOBEなどのインターネットプロバイダーが提供しているものもあれば、楽天や家電量販店のビックカメラなどが販売しているSIMカードです。

ビックカメラが提供している、BIC SIMを例に挙げると、最低900円~運用する事ができます。

ただし、プランによっては通話機能が制限されたり、インターネットなどの通信が3Gで制限されたりする事があります。

しかし、どの会社の格安SIMを使っても従来のSIMカードより高くつくという事はありません。

またモバイルwi-fiなどと組み合わせる事により、通信制限も気にする事なく、格安スマホを運用する事ができます(モバイルwi-fiは月2000円程度)

オークションサイトやリサイクルショップなどで、白ロムと呼ばれる、SIMカードの入ってない端末を購入するか、今現在使ってるスマホを使います。

ビックカメラなどは店頭でSIMカードの購入が出来ますが、基本的にネットでの契約になります。

白ロムと格安SIMを用意する事ができたら、キャリアショップや家電量販店などである程度設定はしてもらえます。

ここまでするのは面倒くさいといった方でも、パケ放題をやめて、モバイルwi-fiを一台契約するだけでも月3000円程度の節約もできますし、プランによっては速度制限も無くす事ができます。

(茨城県 o.kさん)




auスマートバリューでスマホ定額料金を節約しています。

私が使用しているauスマートバリューでのスマホ定額料金の節約方法です。

このスマートバリューは、対象会社のインターネット契約と、ひかり電話契約をしていることでauのスマホ定額料金が割引されるというものです。

今のご時世、インターネットの契約はあるが、固定電話はケータイ電話があるから必要ないと言ってつけている方もいるかもしれません。

しかし、この光電話は私が何件か調べたものだと、月額500円弱です。

また、固定電話も粗末なものでいいのであれば、2000円程度で手に入ります。

この二つの料金は、1年間では月額約700円、2年間だと月額約600円程度かかる計算になります。

auスマートバリューは契約プランなどで割引額が異なりますが、光電話をつないだ経費<auスマートバリュー割引額となりますので、固定電話を使わなくても、とりあえず繋いでおくだけでもスマホ代がお得になります。

固定電話は1世帯に1台なので、1世帯にスマホ利用者が複数名いると更にお得です。

ちなみに、固定電話を買わなくても光電話の契約だけしたらもっと安くなるんじゃないか、と思う方もいるかもしれません。

これは友人に聞いた話ですが、契約のみで電話を繋いでおらず利用していないのがばれると光電話の契約から外れるそうです。

友人がプロバイダーの方に聞いた話だそうですが、確かかどうかは分かりません。

この話が正しいにしろ誤ってるにしろ、ネットで安いもので2000円で買えますし、一度購入してしまえば機種代はかからないので購入しておいた方がいいと思います。

誰にも電話番号を教えていませんが、何度かワンコールのようなものがかかってきたので、接続されているかの確認だったかもしれません。

インターネットを持っているが光電話は契約していない方で、auスマートバリュー適用会社の方は是非とも加入をお勧めします。

(長崎県 clockさん)




自宅のwi-fi利用でネット代節約

私のスマホ料金節約術は、家でのインターネットはwi-fi接続にしています。

現在のスマホ料金は使用データ量に応じてプランを選択する形になっていますが、私は一番データ量が低いものにしています。

家でスマホを使うときにはwi-fiを利用することでデータ量は抑えることができるからです。

wi-fi回線を使用した分のデータ量は料金プランにある使用データ量には含まれません。

ですので、残りは外で使用する分になります。

私の場合は外での使用は常時行っているスマホゲームですが、だいたい移動中、たまに空き時間に操作する程度ですが、最低料金で問題なく済んでいます。

このデータ量が超えると回線がものすごく遅くなりますので、自分の使用量に合ったものを選択されるとよいかと思います。この方法は家でインターネットでwi-fiを利用できる方に限定されますが、もし、現在プランが高いのではないか、という方は、一度自分のwi-fi利用以外のデータ使用量を計算してみるといいと思います。

私が使用しているのはauですが、auのページでは一日一日の使用量が見ることができます。

何日間か調べたら、自分がどのくらい利用しているかも把握できると思います。

最近では、カフェや空港、観光地で無料wi-fiがありますので、スマホをwi-fiを使用して使うことを意識的に行えば、通信量の削減もできます。

これは自宅でインターネットをつないでない方でも利用できる方法です。

スマホの使用頻度は減らしたくないけれど、wi-fiでのデータ使用量は削減することはできるので、やってない方はやってみてください。

(長崎県 swallowtailさん)




LINE電話を使って通話代を5000円ほど節約しています。

自分が行っている携帯の節約方法ですが主に二つの方法を行っております。

そしてもう一つの方法をいつかは行うつもりです。

それを紹介させていただきます。

どれも月並みな方法ですが、一つ目は通話です。

LINEがアプリとして登場してからは通話は必ずLINE電話を活用しております。

声が聞き取りにくい、ノイズが入ってしまうといろいろネットでは不満の声も上がってはおりますが、ですが会社の通話を使用するよりはぜんぜんマシです。

これによって自分の携帯代は5000円ほど節約を行うことができたのです。

そして二つ目の方法ですが、極論をいえばしなければいいという話もなると思いますが、アプリなどを使用する時は全て無料インストールが可能なアプリを活用することです。

現在ではパズドラやモンストなど娯楽のアプリが無料でできる時代です。

そして今度はウィルスバスターやバッテリー節約なども無料でアプリを当たり前のようにインストールができます。

そのクォリテイーは有料アプリよりも高いこともあるのです。

ですので、有料アプリは絶対にインストールをしないことです。

これが現在自分が行っている節約方法です。

これで普段は17000円ほどですが、これによって9000円までに節約ができました。

そして今から実践をしようとしているのは格安スマホです。

初期費用は約5000円、月々の基本料金は約3000円です。

つまりこれによって9000円の携帯代を5000円~6000円にまで抑えることができるのです。

これが自分の節約方法です。

(大阪府 くろちさん)