格安SIMと契約してスマホの料金を節約しています。

現在私がスマホにかけているお金は、本体の分割金も合わせて月々8千円から9千円です。

自分でも非常に高いと思っています。

そこで、このランニングコストをどうにかして節約出来ないか、ずっと考えていました。

まず、自分のスマホ使用の割り当てを算出します。

私の場合は、データ通信は月3GBもいかないのと、通話はほとんどしないという感じなのですが、データ通信を節約しようと、通信料を選択出来るコースに変更しようとすると、もれなく電話かけ放題コースがついてきます。

この電話かけ放題コースがネックで、これのおかげで基本使用料が3倍程度に跳ね上がります。

これでは折角データ通信量を選んで少なくし、データ通信の月額を減らしたところで、意味がありません。

今日本で有名で大きいキャリアでは、どこを選んでも基本同じような値段になります。

だったらいっそのこと、そのキャリアをやめてしまえばいいのではないかと考えました。

そこで活躍してくれるのが、格安SIMとSIMフリースマホです。

キャリアが扱うスマホを購入すると、最低でも6万円くらい取られてしまうので、携帯電話専用ショップをネットで探して、安いスマホを見つけました。

2万弱でSIMフリーです。

後は格安SIMですが、MNPを使用出来て、通話とデータ通信4GBついて、月々2千円ちょっとでいけるのです。

これでランニングコストが今までの四分の一程度になります。

今の形態事情だと、ほとんどの人が日本三大キャリアで契約していると思いますが、そこを離れる事を頭に置けば、安くする方法はいくらでもあります。

ポケットwifiを利用して、タブレットも併用するというやり方もありますし、キャリアから離れたくなければ、データ通信コースを見直すという手もあります。

私としては、キャリアを離れて、格安SIMと契約するのをおすすめします。

(愛知県・かずやさん)