格安SIMに変えて1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

注目

ソフトバンクで月々1万円弱のスマホ通信料金を支払っていましたが、格安SIMの楽天モバイルに乗り換えたことで月々1,600円に節約することができました。

>>こちらから格安SIMを買いました。



リーマンショックの時に会社をリストラにあい、給料が減ってしまいました。



子どもがこれから大学に進学するので、学費も掛かるので、スマホ代や携帯代に一人1万円弱も払うのはもったいないのでなんとか節約したいと思っていました。



沢山の格安SIM会社がありますが、値段はほとんど同じ(通話SIMで3Gならだいたい1600円)だったので、余ったデータ通信量が翌月に繰越可能なことと、月々の支払いで100円につき楽天スパーポイントが1ポイント貯まる楽天モバイルを選びました。



楽天モバイル




普段、ネットとメールを主に使用していて、動画やアプリダウンロード等はあまり行わないので、1,600円の3.1Gのプランで十分でした。



3日間の通信制限(3.1Gの場合540MB)がありますが、私の場合は特に意識しなくても制限にかかることはありません。



ただ念のため自宅ではワイファイで使用しています。



専用のアプリで常に使用状況をチェックすることもできるので便利です。



また楽天モバイルの専用サイトで、プランを毎月変更することもできるので、自分で予想を立てて気軽に変更できる点もよいかと思います。



通信状況については、ドコモの回線を使用しているので、不具合を感じることなく乗り換えができています。



通話料金は、別料金となるので注意が必要です。



通話はあまり使用しませんが、料金が半額扱いとなる楽天でんわや、アプリを所有している同士通話料無料となるLineやバイバーというアプリを使用することで、ソフトバンクの基本料金よりも抑えることができると思います。



支払いはクレジットカードのみになるので、もし、クレジットカードを持っていない方は年会費無料のクレジットカードを作ってみるといいと思います。



年回費無料の楽天カード




>>私は年会費無料の楽天カードを使っています。




現状では通信料が圧倒的に安くなり、また毎月楽天のポイントもたまるので、常々楽天を使用しているものとしてはとても満足しています。



以前スマホはiphone4Sを使っていました。



電池がだいぶ消耗していたので、安いスマホを買いました。



HUAWEIのG6を買いました。値段が2万円しなくて、使い勝手も悪くありません。



Iphone4Sと比べると一回り大きいのですが、軽くて、持ち運びは便利です。



格安スマホ



アンドロイドはどうかなと思っていました、慣れればアンドロイドも使いやすいなと思っています。



前にスマホは買取りサイトで買取りしてもらいました。



買取りの値段は3000円弱で安かったのですが、使わないスマホをもっていても邪魔になるので、買取りしてもらいました。



>>このサイトで買取りをしてもらいました。




もし、スマホの通話代が高いと困っている方はドコモ、AU、ソフトバンクから格安SIMに変えてみるといいと思います。


>>こちらのサイトから格安SIMを購入しました。












GMOから事務手数料無料のデータSIMが期間限定で発売中です。

注目

一部上場会社GMOのグループ会社から登録時の

事務手数料無料の格安データSIMが発売になりました。

通常、格安SIMを購入すると初回3000円(+税)の事務手数料がかかりますが、GMOのグループ会社GMOのとくとくBBからは無料になります。
(4月30日までだそうです。)



データSIMの代金は

データSIM(SMSなし、音声通話なし)

1G 630円(ポイント還元で実質584円)
3G 880円(ポイント還元で実質834円)
5G 1250円(ポイント還元で実質1204円)
7G 1900円(ポイント還元で実質1854円)
10G 2240円(ポイント還元で実質2194円)
プラス税金です。

データSIM(SMSあり、音声通話なし)
1G 780円(ポイント還元で実質584円)
3G 1030円(ポイント還元で実質834円)
5G 1400円(ポイント還元で実質1204円)
7G 2050円(ポイント還元で実質2004円)
10G 2390円(ポイント還元で実質2344円)
プラス税金です。

ポイントはどういう風に還元されるのか分かりません。

こんな方におすすめだそうです。

通話はアプリの無料通話ですませている。
ガラケーとスマホを併用している。(通話はガラケー)
安いスマホを使いたい。

エリアはドコモの通話エリアです。
これは他の格安スマホと同じです。

さて、他社との金額の比較ですが、

楽天モバイルと比較すると
楽天モバイルの値段は次のとおりなので
データSIM
ベーシックプラン 525円
3.1GB 900円
5GB 1,450円
10GB 2,260円

データSIM(SMSあり、音声通話なし)
ベーシックプラン 645円
3.1GB 1,020円
5GB 1,570円
10GB 2,380円

データSIMなら楽天モバイルよりも安く、今なら(4月30日まで)
事務手数料無料なのでおすすめです。

>>事務手数料無料のデータSIMの申し込みはこちら






まだスマホのキャッシュバックがやっているようです。

注目

>>スマホのキャッシュバックはこちら

総務省の指導で、2月になって、スマホの一括ゼロ円、実質ゼロ円、キャッシュバックしてくれるお店がなくなっていうようです。

が、こちらのサイトならまだ、キャッシュバックがあるようです。

目安として、iphoneなら2万円から3万円のキャッシュバック

Androidなら2万円から4万円のキャッシュバックがあるそうです。

ただし、初回提示は1万円だそうなので、キャッシュバックの交渉した方がいいようです。

スマホ代を安くするにはネット回線や学割を同時に申し込むといいようです。

iphone6なら一括0円で購入できるので、機種本題代金がかからなで、月額6500円程度だそうです。
(公式ホームページにはiphone6のことは書いていませんが、問い合わせフォームから申し込めば買えます。)

キャッシュバックの分が月額になおすと、1000円から1500円に相当するので、月額5000円程度でスマホが利用できるそうです。

>>スマホのキャッシュバックの詳細はこちら




格安SIMの有効利用してスマホ代を節約

注目

いくつかの条件があるにはありますが格安SIMを利用するのが、スマートフォンの料金を安くするには有効な手段です。

上手く使えれば、恐らくもっともスマホ料金は安くなると思います。

条件としては、

・今の携帯電話会社からもらっているメールアドレスを継続して使う必要がないこと

・携帯電話会社が提供する自社の携帯回線限定のサービスにどうしても止められないものがないこと

・無料通話アプリではまかなえない音声通話があまりないこと

・あとは格安SIMの料金支払に必要となるクレジットカードを持っていること

などが上げられるかと思います。

ナンバーポータビリティ制度で、それまで使っていたスマートフォンの電話番号はそのまま移行可能ですし、SMSサービスも利用可能なコースも用意されています。

通信データ量に上限があり、あまり集中してデータ量を使ってしまうと通信速度に制限がかけられてしまうサービスもありますが、これらは基本的には大手携帯電話会社のLTE回線でも同じ制限がかかります。

3G回線であれば大手の携帯電話会社は本当のパケット使い放題プランとなりますが、LTE回線では必ず通信データ量には上限が設定されています。

このため使用するデータ量が多くなっていっても、結局のとこはトータルでは格安SIMのほうが安上がり、ということになると思います。

ただし、上にも書きましたとおり、現状の格安SIMには音声通話がかけ放題のプランはありません。

また、音声通話の時間あたりの料金もかなり高めの設定となっています。

このため、Lineなどの無料通話アプリでカバーできないタイプの通話が多い方は必ずしも格安SIMの方が安上がりになるとは限らないケースもあり、直近の通話料金の内容を見て考える必要はあります。

ではどこの格安SIMが安いか比較しました。

■通話SIMの料金比較

3G 5G 10G 無制限
DMM mobile 1550円 1970円 2950円
U-NEXT(U-MOBILE)
1580円 1980円 2730円
楽天モバイル 1600円(3.1G) 2150円 2960円
NifMO(ニフティ) 1600円 2300円 3500円
もしもシークス 3980円

結論から言って、無制限以外は各社あまり大きな値段の差がありません。

無制限を利用したい方はU-NEXTがおすすめです。

それ以外は自分の好きなところを選んだらいいのではないでしょうか(無責任ですみません)

私はU-NEXTの3Gを使っています。

セッティングもそんなに難しくはありませんでした。

ただ、少しわからないことがあり、1回、窓口に電話しました。

普段は自宅で自宅のWI-FIを使っており、外出時しか使っていませんが、電波状態などで不便を感じることはありません。

各社の特徴は

 

DMM mobile
値段はわずかですが、最安値です。
今ならお得キャンペーンをやっていて、DMMのギフト券を利用代金の10%がもらえるようです。
ただし、DMMのギフトもらってもあまり使い道が無い感じがします。
それにギフトの有効期限が1ヶ月というのも短すぎです。
>>詳しくはこちら
 

U-NEXT(U-MOBILE)
私が使っているSIMカードです。
無制限があるのが特徴
実際に使ってみて、特に問題はありません。
窓口の電話の対応も問題ありませんでした。
>>詳しくはこちら

 

楽天モバイル
値段も他社とほぼ変わりません。
初月料金は0円だそうです。
更に、余ったデータ通信料は翌月に繰越可能だそうです。
月付きの支払いの100円に付き、楽天スーパーポイントが1ポイント貯まるそうです。(たいした金額ではないけど)
データ速度が200Kbpsでよければ通話SIM最安値です。
>>詳しくはこちら

 

NifMO(ニフティ)
ただいま、キャッシュバック3000円のキャンペーンをやっています。
ニフティの接続サービスを利用中の方は月々200円割引だそうです。
ということは、たとえば3Gなら1400円になって、最安値になります。
>>詳しくはこちら

 

もしもシークス(エックスモバイル)
この中では一番変わった会社です。
社長さんにも一度お会いしたことがあるのですが、やる気がある会社です。
この会社のうりは無制限のプランです。
3回線まですが、家族でまとめると、2回線目、3回線目が格安になるプランがあります。
しかし、まとめても、U-NEXTの無制限より値段が少し高いです。
もうひとつの特徴はソニーのXperia Z3 Compact(SO-02G)やZ3(SO-01G)、アップルのiPhone6、iPhone6プラスも取り扱っています。
両方とも当然SIMフリーです。
特にアップルのiPhone6、iPhone6プラスはアップルから買うより安い値段で購入できます。
>>詳しくはこちら

小学生でも安心して使えるスマホ ツタヤのTONEのスマホ m15について調べてみました。

小学生3年生の娘向けにツタヤのTONEのスマホ m15 を検討しています。

ツタヤのTONEスマホが安心して使える理由は


1、(スマホを持っている)子供の居場所が分かる。
2、ダウンロードするアプリが制限できる。
3、スマホの使用時間を制限できる。
4、有害なウェイブコンテンツを見せないように制限できる。

そのほかの特徴は


1、回線はdocomoの回線
2、通話料金が安い。1000円/月(データ)、1980円/月(通話機能付き)
  Lineを使うにはSNSオプション(100円/月が必要)
3、ポケモンGoができる

ツタヤのスマホのデメリットは


1、スマホと同時に購入する必要あり。(格安SIMだけ売っていません)
2、スマホ種類が少ない。m14とm15の2機種しかない。
3、通話速度は500~600kbps(実際の速度は800kbpsぐらい)
  メール、Line、Facebook、ウェブページの閲覧は問題なし。
  youtubeなどの動画は無理。
4、通話し放題などのプランなし。
  IP電話

そのほかの特徴は
1、回線はdocomoの回線

料金はデータのみで通話をしなければ、1000円ですが、別に本体料金がかかります。
親がToneを使用していない場合はオプション料金で月額200円かかります。




スマホ料金を格安SIMを使って大幅節約する方法

スマホ料金を節約するのに欠かせないのが格安SIMです。

キャリアと格安スマホを比較すると一目瞭然です。

キャリアは3社足並み揃えた料金プランなのでどこと比較してもいいんですが、仮にAUを例にとってみます。

最近流行りの5分間かけ放題+データ通信3Gプラン、AUだと色んな割引適用をして5266円です。

格安SIMの楽天モバイルも5分間かけ放題+データ通信3Gプランは割引とかなしで2450円です。

通話、通信量がまったく同じなのにいきなり月額料金が半額になってしまい、これだけで文句なしの大幅節約です。

なので、スマホ料金が気になる人は格安SIMに変更すればいいわけです。

>>AU回線を使った格安SIMのmineo(マイネオ)の申込はこちらです。

仮に完全かけ放題がいいって人もいると思います。

格安SIMだと完全かけ放題に対応してるのはY!mobileだけですが、Y!mobileの場合10分通話無料が最初からついてます。

10分では物足りない、300回という回数制限も気になるという人は1000円追加で完全かけ放題のオプションをつけれます。

Y!mobileはキャリアと同じようなサービスを行ってるので他の格安SIMよりも高く、お得感は少ないですがキャリアを使い続けるよりはずっとお安く済みます。

>>Y!mobileの公式オンラインサイトはこちら

格安SIMにした場合、Y!mobileは特殊な例なので外して考えるとネックになるのが通話料金です。

楽天モバイルは5分通話無料を850円という料金で出してくれてますが、他社はまだそういったサービスを行っていないんです。

そこで利用したいのが無料通話アプリや楽天でんわです。

無料通話アプリはどれだけ使っても無料なのがとても良いです。ただ通話品質が通常の電話回線よりかなり劣化するというデメリットもあります。

この通話品質が気になる人は楽天でんわです。

これは楽天でんわというアプリで、楽天モバイル以外の方でも利用できます。

このアプリだと電話料金を半額に抑えることが出来るので、かけ放題するまでもないけど少し電話を利用することがあるって人にお勧めです。

こんな感じでまずスマホを格安SIMに変更し、格安SIMの弱点である通話料金をかけ放題プランのある会社にしたり、無料通話アプリ、楽天でんわを利用することでキャリアの半額以下に簡単に出来ますので、現在の利用料金に悩んでる人は是非考えてみてください。

>>楽天モバイルをここから申込ました。



(大阪府 マニアーさん)




SIMフリーのスマホを使ってスマホ代を節約しています。

毎月のスマホ料金って少し高いな、もう少し安くできないかな?と思ったことはありませんか?

私自身もそう感じた時がありました。

それでスマホ料金を節約するために、いろんな情報を集めました。

今回はその結果を皆さんに伝えたいと思います。

まずキャリアでは契約しないということです。

キャリアとはdocomo,au,softbankなどです。

これらは、スマホを買う時に、本体代を含め月々6000円以上かかることも多いです。

月々6000円は痛いですよね?

しかもほとんどが2年間の契約期間が設定されます。

もし途中解約するなら、高額な違約金が発生してしまうのです。

これらを避けるために、SIMフリーのスマホを買います。

SIMフリーのスマホはの利点は、自分で格安のSIMカードを選ぶことができる点です。

キャリアでのスマホ契約では、自分でSIMカードを選ぶことはできません。

そのためdocomoならdocomoのSIMカードをそのまま使う必要があるのです。

しかしSIMフリ―のスマホを使うなら、安くて500円前後からスマホを利用できるのです。

しかもインターネット専用のデータプランや電話も使うことができるプランなど、選択の幅も広いです。

もしスマホの端末代が多少かかったとしても、総合的にお得になります。

しかも自分で選ぶことができるSIMカードは、長くても一年契約です。

契約期間が設定されていないプランも多いです。

ですから自分の気に入ったプランに、すぐに変更することが可能なのです。

実際、私自身も格安のSIMカードをSIMフリーのiPhoneで使用しています。

iPhoneそのものの月額使用料は、900円ほどです。

キャリアに比べて、インターネット回線のスピードは少し遅いですが、満足しています。

これほどコストパフォーマンスが良いSIMフリーのスマホを使って、みなさんも節約しませんか?

みなさんにもお勧めしたいと思います。

(京都府  kumamonさん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。




キャリアを変更しないでスマホ料金を節約する方法。

スマホの節約術ですが、キャリアか格安SIMかで違いがありますが今回はキャリアでの節約術です。

キャリアの場合だとdocomo Au softbankの3社はほぼ同じプラン、料金設定で揃えてきてるので3社のどこでも有効な方法です。

まず、2年縛り契約が解けたら他社に乗り換えることです。

2016年2月から機種代金一括0円等が廃止され、同じキャリアを使い続けるメリットが大きく上がったんですが、それでも乗り換えの方が断然お得です。

注)機種一括0円は廃止されたわけではなく、総務省から過度なキャッシュバックをしないよう、指導があるだけです。

 こちらのサイトではiphone6が一括0円で買えたり、キャッシュバックあり買うことができます。

>>スマホの一括0円、キャッシュバックがある販売サイトはこちら

バカ正直に同じキャリアを何年も使い続けるより他社に乗り換えていったほうがお得という謎なシステムなんです。

つぎに契約プランの見直しです。

現在自分の使ってる通信量をチェックし、無駄がないか見直します。

5Gプラン(標準)に入ってるのに2Gしか使ってないなら無駄ですよね。それなら2Gプランに変更するとお得になるわけです。料金も5Gプランだと5000円ですが2Gプランだと3500円、1500円差が生まれます。

また、通信量が少なくなるような工夫も重要です。

出来るだけwi-fi通信を利用することが大事です。

自宅でインターネット回線を引いてる人なら自宅での使用量は0に出来るのでアプリをダウンロード、インストール、更新をする時は自宅で行う、動画等も自宅で観るようにすると大幅削減できます。

次に通話料金です。
ほとんどの場合かけ放題プランも入ってると思います。なぜならかけ放題プランにも入っておくと色々な割引サービスが受けれるからです。

しかしそれほど通話をしないって人からすると無駄ですよね。

3社ともかけ放題のライトバージョンが追加されてるので、これへの変更がお勧めです。

完全な通話し放題プランではなく、5分以内の通話が無料ってかんじで制限がありますがちょっとしか通話しない人ならこれでいいですし、友人間で長電話をする場合は無料通話アプリを使うと割り切ればかなりの節約になります。

AUだと完全かけ放題の割引適用額は2700円、5分かけ放題の割引提供時は1700円、1000円も差が出ます。

また家族間の通話なら完全無料とかもありますし、家族割り(料金が同じでも通信量が増える等)もあるので家族全員同一キャリアに揃えるというのもお勧めです。

またご家庭のインターネット回線と合わせて契約すると割引もあります。現在バラバラなら会社を揃えるのも良い節約術です。

手間がかかるからとしない人が多いんですが、最初に悩んでおくだけでずっと適用されますし、年単位で考えるとかなりの差額になるので是非検討してみてください。

(大阪府 田中サイコーさん)




スマホの契約キャリアの見直しで2年で5万以上も安くなりました。

多くの人が利用していると思われる携帯の3大キャリア。(Docomo、Softbank、au)

基本的には、これらのキャリアを使いながら、大幅なランニングコストを削減することは年々厳しくなっていると思います。

もし、日頃から外出先で動画を見たり、ずっとゲームで遊んだりするわけでもなければ、「MVNO」という業者に移行することでスマホのランニングコストを「万単位」で抑えることが出来るかもしれません。

MVNOというのは、言うなれば3大キャリアの回線を「間借りしている業者」と考えるとわかりやすいと思います。

現在あるのはDocomo系の回線と、au系の回線を使った業者になります。

回線の間借りになりますので、通信量などの制限は元のキャリアに比べると厳しいのですが、それでも月間で2GBで2千円程度で電話番号が今までのものがそのまま使えるというのは、魅力的ではないでしょうか。

基本的にMVNOを契約する際には「自宅などに高速インターネット回線(Wi-Fi環境」があることが望ましいです。

何かスマホにアプリ等を入れたくなった場合は基本的にWi-Fi環境を使い、高速かつお金をかけずに大容量データをダウンロードします。

そうすることで、外出先の通信料を削減することが出来、比較的低容量の制限があるMVNOでも、ほとんどストレスを感じない運用が可能になります。

デメリットとしては、端末の保証がありません。(イオンなど、端末を一緒に売っているところは除く)

この点はメーカー保証に頼るしかありません。

また、代替機もありません。

そういった保証サービス系は、端末自体のメーカー保証以外は受けられないと考えたほうが良いです。

しかし、私が計算したところ、新規にiPhoneなどを0円でMNPし、普通に2年間縛りで契約した場合と、MVNO契約とGoogle NexusなどのSIMフリー端末を単品で購入して合わせて使った場合、

2年間で6万円以上の差額が出ることがわかりました。

つまり、2年間無事に使えば、その差額でもう一台スマホが買えることになります。1年経ったら予備機を買い増すことは十分に可能です。

最初は色々と調べて、MVNOで出来る事と出来ないことを判断する必要はありますが、どうしても安くスマホを運用したい!と言う方には、MVNOは是非検討していただきたい契約形態だと思います。

(埼玉県 土岐島太一さん)




あなたはスマホにいくら使ってる? スマホ料金を節約するコツ

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

いまや日本人のほとんどが持っているといっても過言ではないスマートフォン。

毎月のスマホ料金はあまりスマホを利用していない人でも7~9千円ほどかかってしまったりしている人も多いと思います。

毎月のスマホの出費は結構家計にひびきますよね。

そこで、スマホ料金を見直して、スマホ料金を節約するコツをお知らせします。

うまくすれば今の半分ほどの料金でスマホを持つこともできるかもしれませんよ。

まず、スマホ料金を節約するために見直してほしいのは、現在契約している契約内容についてです。

多くの人がドコモ、au、ソフトバンクのいずれかの3大キャリアのスマホを所持していると思います。

自分の契約しているプランがなんであるか、基本料でいくらとられていて、通話料でいくらかかっているのかを確認しましょう。

自分が払っているスマホ料金がどんな割合で使われているのかを把握することがスマホ料金節約のために必要です。

同じ会社でもスマホの契約内容を変えることで、月々の料金が安くなる場合があります。

たとえば、月々のデータ利用量が数GBしかないのに、7GBのパケット通信し放題のサービスを契約しているのなら、月々3GBのプランに変更することで、料金を節約できます。

また、家族で同じ携帯会社に入っていると割引がきく場合も多くありますので、家族の利用状況も確認してみるといいでしょう。

更にスマホ料金を節約したいという方は、格安スマホを利用するという手もあります。

格安スマホはスマホで音声通話をよくするという方の場合はあまり節約になりませんが、スマホではネットサーフィンやSNS等の利用が中心で、音声通話もLINEなどのネット通信を利用したものしか使用していないという方の場合格安スマホにすることで一気に月々のスマホ料金を節約することができます。

(宮城県 しばいぬさん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。




スマホの料金節約!手軽にできるのは料金プランの変更

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。

さて、今回は、毎月のスマホ料金を節約する方法の情報を簡単にではありますが解説してみたいと思います。

スマホは、非常に便利な方法ですが、毎月の料金が高いとお悩みの方が多いのも事実であります。

そこで、今回は、私が実際にやったことのある節約術も含めながら、スマホの毎月の料金を今より安くできる方法を紹介してみます。

参考になれば幸いです。

まずですね、一番、基本的な節約術ですが、毎月の料金プランを変更してみるのが大事だと思います。

この料金プランですが、各携帯電話会社は、様々なプランを用意しています。

例えば、通話を繁栄にする方向けのプラン、メールのみを利用する方向けのプラン、アプリやゲーム、インターネットを中心に利用している方向けのプランがあるなど、その人のスマホの使用方法に合わせたものが多くあります。

私は、最初、仕事などで通話を繁栄におこなっていたため、料金が、凄い高かったのを覚えています。

この時に、やはり高いなということで、携帯ショップに相談をしに行くことになったのですが、店員さんが、通話を繁栄にする方向けのプランがありますよということを教えてくれたので、早速、プラン変更をしたのですが、効果は抜群でありました。

私が、変更したプランは毎月、定額で電話がかけ放題になるものだったのですが、このプランに変更したことにより、どんなに通話をしても上限以上の料金は発生しないので、料金に気にすることなく通話ができるようになったのです。

お陰で、毎月の料金が安くなったのは言うまでもありません。

やはり、自分の用途に合わせたプランを選ぶことが大事ですので、料金が高いと感じている方は、まずはプラン変更をすることをおすすめします。

プラン変更は、携帯ショップでもWebでもできますので、ぜひ、試してみてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

(静岡県 ヒデさん)

【おすすめ記事】格安SIMを使って1万円弱のスマホ代を1600円に節約しました。